【感想】転生したらスライムだった件第3話:あっさりした戦いで牙狼とゴブリンが共存しててワロタ



転生したらスライムだった件第3話「ゴブリン村の戦い」が放映、配信されましたので感想を書いていきます。

 

第2話にて牙狼族の襲撃におびえるゴブリンたちの頼みを聞くことになったスライムことリムル。

今回はその続きとなるゴブリンと牙狼族の戦いが描かれるはず。

 

それでは第3話行くよ!

スポンサーリンク

ゴブリン村での戦いとは何だったのか

あれ、戦いは一体どこにいったの!?

なんか戦いが始まってからわずか5分、牙狼に擬態したリムルのおたけびであっさりと終わってるんだけど!!

こいつはなんだい?

今まで犠牲になったゴブリンたちは実は犬死にだったとでもいうのか!

サブタイトルの内容がエピソードの1/4も描かれてない貴重なお話。

 

まあハナっからゴブリン族の弱々しい姿を見てリムルも真正面から戦うのは諦めていたみたいですけどね。

どう見ても生きるか死ぬかの覚悟ができてないんだもの。

 

しかもゴブリンと牙狼族、なんでか知らんが共存してるしな!!

白熱した種族同士の戦いのシーンが見たかった方にとってはご不満でしょうが、真正面から戦えないならいっそのこと平和に終わる方向にカジを切ってしまえ!ってなかんじでとりかじをいっぱい回したんでしょう。



スポンサーリンク

エピソードのメインはその後のゴブリンと牙狼族の共存

それよりなにより、今エピソードのメインとなるのはその後、ゴブリン族と牙狼族に名前をつけてから新しい村を作るまでの一連の流れですね。

なんか名前つけられただけでゴブリン族の一同が進化してるんですが!!

牙狼族に至っては、リーダーに名前をつけただけで全体が進化されているんですが!!

 

名前をつけるだけで魔素が消費されるのはともかくとして、あれだけ弱小だった一族がいきなり別人になったかってくらい強くなっていてびっくりしてしまいました。

雑誌の最後の方のページにある広告、「サプリを使ったらこんなにやせました!」のBeforeとAfterの画像のようなことになってましたからね。

進化前、クソ地味子だったハルナもいきなりナイスバディの美女になってましたからね。

長老に至ってはムキムキマッチョになっていてまるで別人ですよ。

こいつらだろ?実はゴブリンスレイヤーで新人戦士を襲撃している奴らは!!

名前をつけることはこんなに影響力が強いのか・・・

 

どうやらリムルはどうやら魔物界におけるインフルエンサーだったようです。

これは巷にいる大物プロブロガーよりも世間への影響力は強いのではなかろうか。

というより大物プロブロガー、今頃になって信者ビジネスでお金儲けしてますから実際は一般市民への影響力はそれほどないのではないかと思うんですけどね。

私みたいな弱小ブロガーではそんなビジネスができるほどの信者は生まれてないですが。

 

最終的に種族の一同に役割が与えられ一つの大きな村ができたんですが、なんだか古代日本のムラ、クニのでき方をなぞっているかのようです。

それが本当なら今度は食い物を得るために稲作畑作を開始しそう。

まんま狩猟メインの縄文時代と稲作メインの弥生時代じゃねえか!

 

状況を見て適切な戦術を指示できるあたりリムルこと三上さんが生前ゼネコンで働いていた時代における上司としての職能はかなり有能だったのではなかろうか。

なかなかこんな具体的な指示をポンポン出せる人はいないですよ、そりゃ部下からも慕われますって。

 

有能な上司のもとで働けるかガチャの激レアクラスの人材を引き当てられたようです。

 

あれなんすかね、作者は会社でろくでもない上司ばかりを引いてしまったんですかね。

手柄だけものにして不祥事はすべて責任逃れしようとする奴、社内政治のことばかり考える奴、いかにしてスーパーマンを安く雇おうか目先の金しか見ないような奴が多数派を締めてますからね。

 

それにしても、作品によっては一方でゴブリンが人間を襲いまくり悪行の限りを尽くし主人公により大量に討伐され他方ではゴブリンと敵種族が主人公の手により共存し、人間を襲わないルールが設けられる、どちらも最弱の種族とはいえど作者によって扱いが180度違うのでわりと困惑中だったりします。

ゴブリン1つでここまで解釈が違うのか・・・

だれが言ったよ、「扱いがイイ方のゴブリンが出てくる作品」と。

 

とまあ意外すぎる展開とポンポンと進む話にわりと期待が持てそう。



スポンサーリンク

転生したらスライムだった件記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。