【転生したらスライムだった件】第7話感想:シズは過去の英雄、爆炎の支配者だった!

転生したらスライムだった件第7話「爆炎の支配者」が放映、配信されました!

イフリートVSリムル&ブルムンドの冒険者

さて、今回のみどころはシズの体に数十年間宿り、ときどき暴走していたイフリートとリムル&ブルムンドの冒険者との戦いですね。

今回の暴走はかなりやばめ、なんてったって登場演出が他の作品のラスボス登場並みにおどろおどろしいですからね。

その炎の勢いはテンペストの街まで破壊するくらいですから、非常に強大な力を持っていることが分かりますね。

そりゃシズもかつて爆炎の支配者なんて呼ばれ伝説になる&恐れられるよな・・・

で、このイフリート、サラマンダー(竜)を3体も召喚したんですが!

さすがに力の差が違いすぎますって!

なんてったって、あいつら、同時多発的に燃え盛る火炎を吐きまくってますからね。

で、リムルはどう戦うか・・・胃袋の水をぶっかけることを提案したら天の声から水蒸気爆発なる攻撃でサラマンダーを消滅できるよと教えられたんですが、なんとそれは周囲(しかもご近所さんではなくおそらく半径数百キロ規模)もろとも消し飛ぶ恐怖の技!

人どころかゴブリンや牙狼まで絶滅させてしまう、東京でそんな攻撃したら名古屋あたりまで消えるほどの勢いなわけですが、そんな攻撃をシレッと軽々しく提案してくんな!!

次の提案は・・・アイシクルランスを自分にかけてもらい解析、これでもってランスをサラマンダーに乱発!!

3体中2体を倒し、うまくいきました!

しかも周囲も消し飛びません!!

やっぱり水蒸気爆発なんてアカンやつやったんや!!

残る一体は自爆!!

かなり重症のダメージを受けてしまい戦えなくなりました!

さあ戦いの展開はリムルとイフリートの1VS1に持ち込まれました!

だがいくらリムルがチート能力を持っているからって実力が違いすぎるぞ!

・・・って、お前炎属性無敵になってたんかい!!

そういえば1話でこんなやりとりがありましたね、通り魔にやられた際に傷口が熱いから耐熱、体温低下で寒くなったから耐寒を獲得、合わせて熱変動耐性を獲得したとかなんとか。

かなりご都合主義的なところもありますが、最終的にリムルはイフリートを・・・捕食!!

これでリムルの胃袋にはイフリートとヴェルドラの2体が存在することに。

ちょっと、胃袋で戦いが発生するのか!?

リムルの体内、とんでもないことになるだろうな・・・

はあ、はあ、今回のリムルたちとイフリートの戦いを実況してみました!

それにしても一番の謎はなぜにイフリートはときどき暴走するのか、その目的ですよ。

やはりイフリートも誰かの体に宿りながらも実は操られていたとか・・・?

となると映像は全て見られているということになるのかな?

イフリート自身がしゃべらないためにその真の理由は掴むことができませんでした。

とまあ展開はゆっくりなようで急!!

そしてボリュームの都合かかなり展開が端折られていそうです。

スポンサーリンク

この話、なんと1人原画回!

スタッフロールをご覧いただければ分かるんですが、なんと1人原画&作画監督兼務回ですよ!

かたや作画監督10人、当然のような第二原画がおかれ下請け孫請けに出しっぱなしで作画がぼろぼろになるアニメもあるなか、今話は1人原画で動きをつけてきました。

1人間はプリキュアでときどき見られるんですが、深夜アニメで1人原画はめずらしいですね。

1人原画は重要なエピソードの回で設定されることが多く、スケジュールは長く取る必要がありますが原画を描くのが早い人間が起用され大量の原画マンによる絵柄の乱れが抑えられる効果があります。

で、一人原画で作画監督兼務の場合、作画の修正無しで動画に回ることになります。

(さらに上の総作画監督が修正するのかもしれませんが)

この作品の場合、制作スケジュールの余裕は他の作品よりも長めに取られているのかもしれないですね。

シズとは一体何者だったのか

シズとは一体何者だったのか、ここで改めて考えていきましょう。

70年前の東京大空襲の日、母親と逃げているところ火災旋風に巻き込まれ命を落と・・・す寸前で魔王によりこちらの世界に召喚されてきました!

このときにイフリートが体に憑依して、「静江」という名前からシズと名付けられます。

イフリートは魔王の睨みで操られ、シズの体を使い攻撃をするように。

数年後シズは成長して魔王のもとにはいなくなり、一人で行動するようになるんですがあるとき、ふと助けた動物、ピズに睨まれたことからイフリートが反応してしまいかわいい動物どころか飼い主の少女すら焼き殺してしまう絶望感にさいなまれます。

それから70年間もの間、魔力を抑えるマスクをかぶることでイフリートの反応を抑えることに。

今回のイフリートの暴走はそのマスクで抑えることすら拒みました。

そんなシズの旅の目的は、召喚した主、魔王を見つけて倒すこと。

どうやら召喚されてからしばらくの間に魔王とシズの間になにかいざこざがあったようですね。

イフリートにより炎属性を身につけたため「爆炎の支配者」として活躍していたんですが、あるときを境に引退したようで。

どんな立場で活躍していて、引退したのはいつなのかはやはり不明ですが、3人の冒険者が「過去の英雄」と言っていたことから、それなりに地位の高い冒険者として活躍していたようです。

どうもこちらの世界でも引退制度なんてのがあるようで、活躍後のシズは引退します。

ただしイフリートは引退後も体の中で宿っていますので、ときどき暴走しかかっていたらマスクで抑えこむことを繰り返しながら旅を続けていたのではないでしょうか。

ならば、イフリート捕食後のシズはどうなるかですよ。

70年以上も生きているはずなのに見た目が若々しいのは何者かからパワーを貰っていたか魔法が永続的にかかっているかのどちらかなんですが、今回の場合は前者の可能性が高いです。

じゃあそいつは何者か!?

それがイフリートの可能性がありますね。

ならイフリートが分離して捕食されたらどうなる?

そりゃ、急速にババアになります。

ババアになることで爆炎の支配者と呼ばれていた頃の影も形もなくなるでしょう。

ですがそれでいいんです、いいんですよ、シズにとってもイフリートにとっても!

魔王を倒す目的は果たせませんが、その遺志はリムルが受け継ぐことでしょう。

転生したらスライムだった件記事一覧

転生したらスライムだった件の感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

2018年秋アニメ記事一覧

2018年秋アニメの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

created by Rinker
ノーブランド品
¥680 (2018/12/18 09:33:44時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

私がおすすめする記事(広告あり)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする