【転生したらスライムだった件】第19話感想:リムルにミリム最強、オーク強、リザードマン最弱

スポンサーリンク

転生したらスライムだった件第19話「暴風大妖渦(カリュブディス) 」が放映、配信されました!

第18話では魔王カリオンの配下にいるフォビオがミリムへの復讐のときを狙っていたところ、その復讐心をまんまと2人の道化に利用されてしまいカリュブディスの復活に関わることになりました。

カリュブディスとは世界を脅かす厄災、まあ「世界規模」の厄災なのに影響範囲がリムルとその周辺とごく狭いことになっているのはファンタジー系作品ではよくある話なのでおいといて、リムルたちはこいつらと対峙することになります。

それでは第19話、見ていくよ!

 

スポンサーリンク

第19話あらすじ

封印を解かれた暴風大妖渦(カリュブディス)は、空泳巨大鮫(メガロドン)を引き連れて、中央都市リムルを目指して進む。リムルたちは総力をあげてこれを迎え撃とうとするが、暴風大妖渦(カリュブディス)はあまりに強い。

転生したらスライムだった件アニメ公式サイトより~

ミリム最強伝説、対してリザードマンの弱さが目立つ

カリュブディスとリムルたちリムル・テンペスト連邦国との戦いがはじまってしまいました。

カリュブディスは神話で「海の怪物」なのに空飛んでるのはいいとしましょう。

これは前回も言いましたね。

まずはオークたちは数で圧倒!

なんてったってあのときの戦いで生き残っているの、15万もいますからね。

このうち何体が戦いに参加しているのかは分かりませんが、1頭1頭は強くなくても、15万いればさすがにダメージが蓄積して、ボス級の奴でもひとたまりもないでしょう。

コミケに来てるオテェクたちといっしょですね。

戦利品を携えたオテェクたちはカバンや紙袋を強さ3ながらも武器にできますからね。

お次はオーガ!

戦闘に参加しましたが、そうだ、こっちにも何でもありのやつがいたな・・・

数減らしのためにメガロドンを操り、同士討ちさせて落としてとどめを刺していってます。

一方でリザードマン!

お前ら真面目に戦えや・・・

こんな時でもガビル様ガビル様うるせえんだよ、後方支援にもなっていないだろ!

唯一使えるのはガビル様だけじゃありませんか!

ってやつが、なぜかジリ貧ながらも粘るんだよなあ・・・

逆に突進したやつが結果的に犬死するのがお決まりですね。

ここでおわかりのとおり、かつては敵同士だったオークとリザードマンがはじめて共闘をしています。

ドワルゴンからのペガサスナイト100騎・・・応援にきたはいいけれど、あんまり登場せず!

唯一空飛ぶ部隊なので描かれていないだけでそこそこ活躍はしてくれていると思われますが・・・

真打はリムルと、そしてミリム!

リムルはチートを使って強くなっていますが、ミリムは手加減してあの強さです。

だてにミリムは魔王をやっているだけありますね。

あとは見た目が幼女だからこちらにチワワの目をして訴えかけ、わがまま言ってリムルをひっかきまわす・・・

視聴者にもあざとい姿を見せることで、いろんな意味でダメージが与えられていきます。

あ、あの子、うちで飼いたい・・・

対してカリュブディス側なんですが、うろこを大量に広範囲に吹き飛ばす全体攻撃!

しかもうろこはわずか3分で回復するとかいう鬼畜仕様!

敵も敵でこりゃチート性能を持ってやがりましたね。

あとは、ジュラの大森林を焼き払うビーム攻撃!

も、その後のシーンでは森が焼かれているような損害は見えない!

戦闘が終わった夕方ならば大火災が起きててもおかしくないんですが森すら修復されてしまいました。

そしてこの戦い、なんと作中ではお昼前くらいに始まって夕方終わったことがわかるんですが、描かれたのはなんと15分!

あ、これ、1話かけて描くわけじゃないのね・・・

もっと長く描くかと思っていましたが、ビシバシカットされていきました。

オークロード戦なんて3話くらい使ったのに!

それよりももっと強い軍勢なのに、わずか15分で戦いが終わるとか、リムルとミリム以外、もう残りの種族は全てかませというか前座というかいてもいなくてもどちらでもいい、わけでもなくザコ蹴散らしに活躍していたからいないと困ります。

でもやっぱり、戦いそのものや戦う者同士の駆け引きこそファンタジーものの見せ場なのに、それほど重要じゃない戦いとみて、ヤマ場をケチったか・・・?

某ドラゴン●ールじゃ何回も引き伸ばしていたのに!

最後に出てきたフォビオの主、魔王カリオンが人の良いやつで本当によかったよ・・・

強パンチ一発で気絶させてこの場を丸く治めるとか常人じゃできないよこんな応対。

なんてスムーズに解決していってしまいました。

そしてリムルとカリオン、こちらも同盟を組んじゃったよ・・・

これでリムルは魔王のうちの2人と手を結ぶことになりましたね。

今回視聴してどうだったか・・・おいおいおいおい、味方側のチート性能上がりすぎだよ、と言いたいですね。

最近のなろう系ってこんなものなのか・・・

主人公は転生前ド平凡だったけれども異世界に転生してからは見た目は最弱でも能力により謎の強さを持つようになり、どんな逆境からでも戦局を立て直すことができ、さらには魔王ですらあっさりと味方につけてしまうほどの交渉力を身につけている・・・

これで世界の調和が取れてしまう・・・

でもチート性能がガンガン上がっているということは、敵の能力もそれに比例するように上がっていくわけなんですが、これ最終話辺りで戦いがあったならばどんな攻撃が繰り出されていくんだろうか、もう力の戦いではなく、一周回って今度は一度も武器を使わない頭の戦い、駆け引き戦になっていそう。

もう恐ろしすぎて近寄れないな・・・

転生したらスライムだった件記事一覧

転生したらスライムだった件の感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

2019年冬アニメ記事一覧

2019年冬アニメの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

created by Rinker
¥14,500 (2019/04/21 10:52:00時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥14,000 (2019/04/21 10:52:01時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥14,448 (2019/04/21 10:52:01時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥14,448 (2019/04/21 10:52:02時点 Amazon調べ-詳細)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。