【上野さんは不器用】第9話感想:田中による天然鬼畜卑猥セクハラ回

スポンサーリンク

上野さんは不器用第9話がAbemaTVで配信されました!

前回は新キャラ、田中みずなと田中よもぎ姉妹が登場しました!

どこからどう見ても物語シリーズに出てくる阿良々木暦の妹にしか見えないんですが、原作者は物語シリーズが好きなんだろうか。

それでは第9話を見ていくよ!

 

スポンサーリンク

第9話あらすじ

スマホの電源が切れ、充電ケーブルを探す田中。

上野さんはおもむろにスカートをまくりあげ、超発電衣服「ジゴスパッツ」を取りだした。

あらゆる日常動作を電力に変換することができるアイテムである。

スマホの充電のため、上野さんは田中にスパッツをこするように要求する。

実験その17 ジゴスパッツ

今回の名前の元ネタはドラクエ6に出てくる特技、ジゴスパークだろうか。

(ジゴとはジゴワット=バック・トゥ・ザ・フューチャーに出てくる架空の電力単位のこと、ギガがジゴに聞こえた誤りによるもの)

元ネタの特技の効果としては地獄からいかづちを呼び寄せて周囲に大ダメージとあるので、ジゴスパッツはさしずめ、スパッツから電気を呼び寄せて何らかの効果をもたらす感じですね。

あらゆる動作を電力に置き換えるスパッツなんですが、電力のもとはなんだろう、おそらくは田中にスカートをめくられてスパッツをこすられる、そのときに生まれる上野さんの恥ずかしさから上がった体温を電気エネルギーに変換してるんでしょう。

上野さんは何年も使い続けてバッテリーが劣化して一日に何回も充電をしないといけないスマホを使い続けている田中が、自分を求めて繰り返してやってくることでやがて自分に意識を向けさせる、それを狙いとしていたわけですが、あろうことかスパッツをこするために無表情でまたぐらをゴショゴショしてる天然どSセクハラ野郎と化してるよ田中・・・

どSになることも上野さんにとっては想定の範囲内なんでしょうが、好きな人から股ぐらをおもいきりこすられることで恥ずかしさの頂点に立ってしまった上野さん、あろうことか田中をどついてしまった!

唯一の弱点は、上野さんが超シャイの恥ずかしがり屋さんなことでしたね・・・

それにしてもこの発明品、コンセントに刺した充電コードが場所が場所なのでタ●ポンの紐にしか見えねえな・・・

これ大丈夫?上野さん、自宅帰宅後、田中に股ぐら触られたことを思い出して興奮して、一人で発電してたりしない?

薄い本の題材になりそうですね。

実験その18 SQ水

お水で濡らすと浮きあがり、空中にいるのに水中を泳いでいる感覚になるスクール水着。

上野さんがこれを発明した目的は田中に自分のスク水姿を上下左右、360度どこからでも眺めて自分を意識してほしいといういつものように恋心からきたものなんですが、浮いてるスク水姿の上野さんを見た田中は想定外のことをいい出した!

田中「これ使ったら、空飛んで移動できますね!」

お前は上野さんにスク水姿で外を歩かせるつもりなのか!

またもや天然鬼畜発言が飛び出しましたよ。

さらにどうやらこのスク水、室内のごく狭い範囲でないと効果が発揮できない模様。

まあ、密室で田中に自分の体を見てもらいたい魂胆ですからね。

上野さん「ドアを急に開けたりすると、流れが外方向になりバランスが」

誰かが科学部部室に近づいてくる姿とこの発言でだいたいオチは分かりましたね。

上野さんはそのハプニングにより、スク水が破れかけ、その上田中によって足をくぱぁさせられる卑猥なポーズをとらされることに!

田中は水筒を持ってこずに、あまつさえ女の子に卑猥なポーズを取らせていた、家族会議ドンマイだぞ!!

この発明品は失敗ですね。

今回はどちらも田中(兄妹)の予想外の挙動によりエロい方向でハプニングが発生するエピソードでしたね。

上野さんが田中との体の距離を急接近して上野さんが恋する乙女になってドギマギする系の話じゃなかったよママン!!

エピソードの割合としては後者の展開になるほうが少ないですからね・・・

もうさ、これさ、私考えたんですよ。

上野さんは発明力と企画力と資金力はあるんだから、こんな毎回毎回まわりくどいことをしないで、惚れ薬の1つ2つ発明して水に混ぜて直接攻撃すればよくね?

これだけ表情一つ変えないクソ鈍感な田中を動かすにはそれしか手段はありませんよもはや。

上野さんは不器用記事一覧

上野さんは不器用の感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

2019年冬アニメ記事一覧

2019年冬アニメの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。