no-image

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い12巻発売!早速2冊購入してきたよ!



ワタモテ11巻が発売されてからもう11ヶ月。

 

ようーーーーやく12巻が発売されました!

セブンネットで予約注文してましたのでさっそく朝イチで買ってきました!

 

ではワタモテ12巻を見ていきましょう。

本編の感想もしていかないといけないですね。

スポンサーリンク

表紙とカバー裏と背表紙カバー裏

ワタモテ12巻の表紙!

 

卒業する今江生徒会長と腕を組み恥ずかしそうにしてるもこっち。

公式サイトで公開されてからずっと話題となっていたアレですね。

 

そう、今回の内容はバレンタインデーから先輩の卒業式、そして打ち上げをして自身が高校3年生に進級するところまでが収録されてます。

カバー裏はそれをスマホで撮影する人。

さらに背表紙カバー裏はその記念撮影をもこっちの後ろから見た画ですね。



スポンサーリンク

ショップ特典

12巻も11巻のようにショップ特典が付いてきます。

 

今回もアニメイト、ゲマズ、メロブ、とらのあなの4店舗。

 

 

とくにアニメイトの加藤さんミニ色紙は俺得ですね。

 

つい最近まで脇役だった加藤さんが!加藤さんが!ソロですよ!

うっちーを差しおいて!!

 

じわりじわりと加藤さん人気が急上昇してますからね。

あとはゲマズの高校入試のヒトコマをデフォルメしたブロマイドやメロブのヤンキーのソロイラストカードも気になります。

 

さっそく地元のアニメイトでも買ってきました!

ギリギリ15冊だけ残っていました。

レシートの印字が「私がモテないのは内」って書いてあって笑えます。

もこっちがモテないのはうっちーが悪いのか・・・



スポンサーリンク

モテだした!?

そう、同性にはモテだしてるんですよ、同性には!

いつもの5人以外にもあまりにももこっちの言動がバカすぎて正義感の強さが逆にあだとなり自己嫌悪に陥ってしまいいろんな意味で「どういう奴か今更気になる」岡田さんとか、10巻以降でストーリーに絡みだした加藤さんとか、あとは表紙にもなっている生徒会長とか!!

背表紙

理想:2次会、うっちーともこっちがカラオケで一緒に歌ってる

現実:2次会、カラオケするももこっちがいない!

もこっちは喪120で2次会のカラオケに参加しませんでしたね。

「カラオケではやらかす予感がプンプンする」と冷静に自己分析して。

 

うっちーともこっちが歌える歌ってなにがあるんだ・・・

こちらから見てうっちーの左隣に雌猫の間グループの黒髪ぱっつんを登場させただけでも高評価をあげたいですね。

 

なぜかうっちーLOVEの宮崎さんが隣にいないのが謎ではありますが。

右隣はキバ子、さらに隣にはサチ?がいますけどね!!

 

はたしてうっちーの色恋模様は今後どうなっていくのか!?

本編

ワタモテ喪110~喪122はもこっちハーレムが成立してから、回りの人間関係が激変するまでの流れが描かれてます。

 

喪110はもこっちが高校入試の手伝いをする話。

2年前の入試で両隣の女子生徒と拳をぶつけあって「ウェーイ」するんですが、それがネモと伊藤さんだったんですよね。

こういう縁があってネモは修学旅行前からもこっちに話しかけていたんですが、ネモの容姿が変わってしまいもこっちはすっかり忘れてしまってる様子。

 

喪112、喪113はバレンタインチョコを作る話。それぞれもこっち視点、こみちゃん視点でストーリーが構成されます。

うっちー、もこっちにチョコを渡すために学校中を走り回ってるんですよね。

いつもの面々との下校すらキャンセルして。

それにしてももこっちが作ったのがよりによってうんこ型ちょこって・・・

 

喪114はバレンタインチョコを渡す話。

そりゃビニール袋に茶色い固形物を入れりゃ誰だってクソだと思いますって・・・

うっちーはもこっちからのチョコを食べるためだけに部屋着に気合いを入れてますね。

 

喪115が表紙にもあった卒業式の話。

といってももこっちたちが卒業するわけではなく、先輩の生徒会長が卒業していきます。

うっちー、よくもこっちがティッシュいるの聞こえたな・・・

ずいぶん遠くにいたはずなのに・・・

そしてたくさんの人に囲まれている生徒会長に尻込みしてるもこっちを強引に連れて行ったのはやっぱりヤンキー。

荒っぽいやり方ですが、実際はピュアですからね・・・

 

喪116はその裏側。

弟よ、木を抱きしめてるまともだと分析した女子生徒はいま一番やばいやつだ!!

キモイキモイ連呼してたやろ!

 

喪117はオムニバスなんですが重要な話が散りばめられてます。

もこっちにはうっちーという追っかけができて、階段で踏み外してコケたもこっちを笑うキバ子に「歯を矯正すんぞ」の発言に笑うゆり。

そしてネモがもこっちの前でやったモノマネ、これは喪110の高校入試のときに拳を合わせたあのシーンですね。

もこっちは相手がネモだったことをまるで忘れてるんですがネモはしっかり覚えてました。

 

喪118はページ数は短いものの、そりゃそんな話をズバズババラされればヤンキーも荒れるよな・・・

ケンカの仲裁に入った岡田さんともこっち、岡田さんは二度と会わないと思っていてもやっぱり3年でも会うことになりました。

 

喪119、喪120は打ち上げの前にゲーセンに立ち寄ってから打ち上げでの模様が描かれてます。

ちゃっかりグループをもこっちに近いところに誘導し自分は隣に座り、肉を味付けまで気合い入れて焼いて大胆に渡すうっちー、ゆりがぼっちだと思っていたもこっちとヤンキーにはちゃんと喋り相手がいた、ゆりに聞こえよがしにまこっちのことを「裏切り者」扱いするキバ子。

そりゃゆりも病むよなあ・・・

 

喪122はいよいよ3年生に進級する話。

もこっち、ネモ、岡田さん、加藤さん、キバ子、ゆり、まこっち、ヤンキー、伊藤さん、こみなんとかさんが一緒のクラスなんて最強で露骨すぎないか・・・

うっちーは雌猫の間グループとはクラスが一緒でしたがもこっちとははなれます。

キバ子もサチノリマキとはクラスが別れます。

そして何度か登場してた第二の絵文字ことポテンシャルさんがもこっちと同じクラスへ。

 

クラス替えについて考察してみた記事はこちら。

 

自己紹介ではもこっちとネモがお互いにお互いを影響しあう、そんなやりとりがなされます。

 

ネモが面白い自己紹介をしてほしいともこっちを挑発する

もこっちはぼっちなめるなと自己紹介でスベる

ゆりは自分を隠すのはもう終わりだと声優になる夢をカミングアウト

 

(それが原因で岡田さんとの関係がギクシャクする)

 

ここで12巻はおしまい!

そして、ちんこ、うんち、うんこは伏せ字ナシなのにガチレズはガチ●ズって伏せ字にされるんかい!!

13巻予告

最後は13巻の予告。

 

もこっちハーレムの6人が夢の国で遠足してる一コマ。

訳ありの矢印が「ヤンキー」「うっちー」「ネモ」の3人に!!

そういえばこの3人は別なグループからもこっちグループに移動してきたんでしたね。

 

しかもうっちーはクラスすら違います。

ヤンキーはゆりが考えている「いつもの4人」に入ってるんですけどね。

 

※いつもの4人はもこっち、ヤンキー、まこっち、自分のこと。

 

13巻は秋の発売か・・・覚えていられるかな・・・

喪117その後

ネモがもこっちのモノマネをしたあとのシーン。

もこっちがトイレに行ったすきにキバ子がネモにもう一回もこっちのモノマネを頼み、ネモはマネをするまではいいんですが、やっぱりキバ子はもこっちの悪口を言うんかい!

この悪口にネモは・・・怒ってます!

 

ここのやりとりがのちのち喪128の後半、加藤ママと岡田さんとキバ子の3人でステーキパンケーキを食べてるシーンにつながっていきます。

あのシーンでネモのことを「基本ノリ悪い」と発言したきっかけですね。

 

キバ子は3年になったらネモと会わないと思っていたんですが、結局同じクラスになるのでした。

喪119別視点

ヤンキーとゆりとまこっちの3人が並んでゲーセンでパチンコをしてるシーン。

本編では聞き取れなかった会話の内容が明らかになってます。

 

このシーンで言う昨日というのは喪118の一連のエピソードですね。

それにしても喪118本編のもこっち、ベラベラしゃべりすぎてデリカシーなさすぎでしょ・・・

岡田さんがなんでヤンキーがブチ切れたのかもこっちが話した後に「ごめん・・・」って言ったコマでのもこっちの驚いた表情には大笑いしました。

 

ここまでざっと12巻を見ていきました。

 

いよいよもこっちがモテはじめましたよ・・・といっても同性にだけですけど。

でも男子ともごくごく普通にしゃべっているのを見ると、もともとのもこっちの素材は悪くないんですよね。

男子は女子と仲良くなろうかどうしようか、やっぱり顔で判断してしまうところがありますからね。

あとがき

教員が異動するので原作担当は公立の高校に通っていたようです。

取材のために母校におもむき恩師に話を聞こうとするも全員異動!!

これがリアルってやつです。

 

そりゃ異動が頻繁にある公立ですから、5年ぐらいで教師の顔ぶれはガラッと変わってしまいますからね。

さて、この日はワタモテの最新話の配信も重なってます。

夜眠れねえよ・・・

わたモテ記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。