わたモテ喪145「モテないし3年のある日」配信!もこっちグループオールスター大感謝祭回

わたモテ喪145「モテないし3年のある日」が配信されました!

前回は特別編の配信でしたから、本編の配信は実質1ヶ月ぶり。

いつも私たちの前に満漢全席を用意してくれるニコ先生、具材やメニューのネタ切れにもならずに今度はどのような料理を私にご提供くださるのでしょう。

それでは見ていきます!

扉絵の情報量の多さ

今回はきーちゃん回以来の短編を集めたオムニバス回!

扉絵は3ページ目なんですが・・・

なにこのオールスター感謝祭!!

8時ならぬ11時半だよ!全員集合みたいなことになっているんですが!!

意図的にコマを90度右回転させておりますが、うっちーはおそらく雌猫グループメンバーと一緒にいる、で、そちらの下駄箱は3-4。

加藤さんは昼食を時々ともにするそばかすちゃんといっしょ。

清田くんは鈴木くんといっしょ、これで鈴木くんも3-5で確定か。

みんなだいすき和田くんがいません!もっと早いor遅い時間に登校してくるのか。

こみちゃんは伊藤さんとあいさつし、豚の餌さんは彼氏と見つめ合っている!

そんな豚の餌さんもひさしぶりの登場です!

何で今回豚の餌さんが描かれているのか・・・それはあとで分かります!

キバ子はサチノリマキと談笑してて、もこっちはゆりちゃと登校してきました。

そのうしろにはネモがひとりで登校。

あーちゃんがいないよお!!

で、そのさらにうしろには智貴がいて、頬を赤らめる朱里ちゃんと、それを見守っているのかわかりませんがよくわからない表情をしている紗弥加!

扉絵のわずか1ページに現在の人間関係をこれでもかとぶちこんできましたよ!

スポンサーリンク

浮かぶあの顔&不意

通学中の電車での1コマ。

宮崎さんともこっちが喪117以来、久々に同じ電車に乗っているんですが、この話により宮崎さんはもこっちをどう思っているのか、2人がうっちーをどう思っているのかがモノローグで語られます。

宮崎さんは「うっちーの友達っぽい」と多分あの2人は友達なんだろうと距離感を測りかねているんですが、よくよく考えていると私らにもわからないんですようっちーともこっちの距離感は。

いまだに。

あの2人は友達なのか・・・?

うっちーは一方的に好意を寄せていて、もこっちは特になにも思っていないしその好意にすらまったく気づいていない、けどときどきものくれるから自分もキーホルダーお返しにあげる単なる知人のような、関係性が非常に曖昧なのがうちもこ。

そしてもこっちと宮崎さんはうっちーをどう思っているのか・・・宮崎さんの方は重苦しいことになってます。

やっぱり宮崎さんは最近うっちーのつきあいが悪いのが嫌だったか。

モノローグでは「ちょっと」と言ってますが、実際はちょっとどころの話ではないですよ。

これぜったい「みやうち」ありますよ!!

で、もこっちはもこっちでうっちーのことを「いなくなってわかる存在の大切さ」で締めているんですが、あれ、「うっちーは大切な存在」と言ってますよ!!

やっぱり「うちもこ」もありやったか・・・

この作品どれだけのカップリングができるのか。

で、お次の「不意」ではそんなうっちーと宮崎さんが乗っている電車が海浜幕張に到着するんですが・・・

うっちーが見てはいけないものを見てしまったかのような目を見開いた驚愕の表情!

(あれでもうっちーは目を見開いているのです!!)

こんな少女漫画みたいな顔を見ることになるとは!

そりゃ驚愕ですわ、うっちーから見たら混んだ電車でもこっちが宮崎さんをうしろから抱きしめているようにしか見えないんですから!

「私がしらない間に黒木と仲良くなっている・・・??」

驚異の動体視力!というよりは、駅に停まるためにスピードを落としているから見えやすくなった方が正しいでしょう。

(のわりに高速で走っているような描き方になってるんですが、だとするとうっちーはどこの駅で降りてることになるのか謎が生まれます)

そしてうっちーが宮崎さんを「みやちゃん」と呼んでいることが彼女たちの初登場から数年経ってようやく判明しました!

と前菜から高級食材をふんだんに使った料理が私のテーブルの前に!

これうっちーの勘違いとは言え、その後3-4が恐怖の戦場になっている気がするんですが・・・うっちーとみやちゃんの関係がこのまま壊れていってしまうのではないかと心配でならないですね。

ちょっとそっちを見せてくださいよ!

軽い口論では収まらないでしょうから!

雌猫グループの関係にこれまたきわめて黒い雲がたちこめてまいりました。

もこっちの存在は知らず知らずのうちに友達グループを融解させてしまうのか・・・

これも蠱惑のパワーなのか!

MOTHER2のばけテントかな?

まず思ったこと、やっぱりもこっちは加藤さんに全部言っちゃうよね・・・

どんなに秘密だと言われても、もこっちは加藤さんには目一方弱いですし、加藤さん束縛激しそうだもんね・・・

完全に束縛してる彼女でしたからね。

というよりあの特別編も時系列的には喪144の席替えのあとの日の話だったんですね。

本編では派生したとある日の話ではありませんでした。

加藤さんは女性器をマ●コでもオ●コでもなく、ヴァ●ナという子だったのか・・・

ヤバイランクは「☆☆☆☆」です。

で、この話で必見なのは加藤さんとネモの関係ですね。

岡田さんとは「茜」「明日香」と呼び合っているんですが、ネモとは「加藤さん」「根元さん」と呼び合っていることから見て、こちらは親しい関係ではなくお互い茜(あーちゃん)の友達としか見られてないことが分かります。

この微妙な距離感が縮まることはあるのだろうか。

あとは、なぜネモに聞いたことを今度はもこっちに改めて聞いているのか、興味関心を持ってほしいのはこの点ですよ。

加藤さんの最初の質問が「黒木さん目を怪我してたけど根元さんが原因なの?」とかなり真を突いた内容だったのに対し、ネモはちょっとボカした回答。

これに加藤さんは不信感を感じたはず。

もともと加藤さんはネモのことは遠足でのいざこざを期にしゃべるようになったものの岡田さん&黒木さんの友人止まりの関係であると考えているでしょうし、ネモと岡田さんが険悪な関係だった頃からいろいろ聞いていたはずですから、そこまで信憑性がないと判断したのではないかなーと。

で、大学見学でグッと距離を縮めた黒木さんから直接聞いたほうが明確な回答が得られると判断したわけですね。

加藤さんに適当なはぐらかしや冗談が効果がないのはGW前にお茶したときに見てきたでしょネモ!

(お茶したときにもこっちが自虐も込めて青学行きたいと発言したとき、まわりはみんな笑ったのに加藤さんだけは一人本気だった、ネモはそのとき大笑いしていたね)

クロ、ネモの恥ずかしい秘密(下を剃ってること)を加藤さんに言っちゃって、またネモに殴られるぞ・・・

今度は怪我してない方の目が殴られてパンダになるぞ・・・

3-5メンバー

さあ、ここから主菜ですよ。

ヤバイランクが軒並み「☆☆☆☆☆」の奴らが出てきます。

まずは伊藤さん。

智貴はまともそうだと考え声をかけるんですが・・・

こみちゃんのプロフィールをべらべら喋りだす伊藤さん!

オタク特有の早口!アディダスのシューズ!どっからベラベラその言葉が出てくるのか、矢継ぎ早にこみちゃんのプロフィールが飛び出してきます!!

今週のジャンプに連載されているハ●ターハンターまではいきませんが、セリフがコマを埋め尽くしてました。

これ英訳する海外の有志も大変だろうな・・・

元ネタはジョジョの奇妙な冒険第4部に出てくる吉良の同僚が吉良の情報をベラベラしゃべるシーン。

どうやら智貴には識別眼が備わっていなかった模様。

ここでこみちゃんの誕生日が11/21ということが判明しました!

配信日、11/15からわずか6日後ですか!!

(一応調べてみたけど、元ネタの小宮山選手は誕生日が9/15だった)

で、タガが外れてこみちゃんは2年の時何をしでかしたの!!

また危ない伏線をさりげなく張ってきましたねニコ先生・・・

むしろこみちゃんと仲良くなるには伊藤さんのようにヤバさが「☆☆☆☆☆」クラスの人間でないとダメということですね。

さあ智貴、ヤバいやつとはどっちのことを言ってるのかな?

私の中では「小宮山さんもヤバイけど、プロフィールを早口でまくしたてるこの女子も相当ヤバイやつだ」と解釈してます。

紗弥加

人名がタイトル!しかも最近出てこなかった人!

さあ出ましたよ天然鬼畜少女、朱里ちゃんの友人の紗弥加!

最初のコマからドアを勢いよく開けるカッコよさを見せつけてきました!!

「ガラ」だの「キュ」だの言ってますから、勢いよく廊下を走ってきたんだろうな・・・

紗弥加にバーサクをかけたらいかんのや・・・

声がでかすぎてクラスの面々に注目されてるじゃありませんか・・・

また天然鬼畜っぷりが炸裂していますね・・・

これは朱里ちゃん、告白する前に撃沈されますし、智貴くんのち●ちん好きのビッチだと思われるぞ・・・

この発言があった瞬間から教室の中がよそよそしくなりそうですね。

狭間&伝えたい味

世にも珍しいキバ子回。

まこっちがいなく、サチノリマキの席に行くのも気まずいと考えたキバ子が声をかけたのは・・・なんと豚の餌さん!!

豚の餌さんの新たな起用法、それはキバ子といっしょに描くこと!!

そして名字が三家ということがわかりました!

わたモテにはたくさんのモブキャラクターがいながら、やはり彼ら、彼女たちの起用法にムダが一切ないですね。

必見なのはやはり豚の餌さんの料理の腕です。

彼氏が飲み込めない味の料理を作ってこれる絶望的センスですからね・・・

キバ子も料理のあまりの甘さにトイレでもどしそうになるほど!

これを彼氏は毎日食べていたのか・・・

そりゃ彼氏も忍耐強くなるよな・・・

でも別れないあたり、魅力は料理の腕以外のところにあるんでしょうね。

それにしても・・・毎日あのお昼だとすると彼氏にとってはものすごく拷問なのでは?

「マジで楽しみだなー」なんて完全に棒読みでしょうね。

こんな美少女が・・・

こうなるのはそしてニコ先生の作品の醍醐味。

さあもどした登場人物がまたひとり増えましたよ!

豚の餌さん、ビジュアルは完璧なのに料理の腕ですべてを持っていくギャグキャラですからね・・・

そしてキバ子も完全にギャグキャラになりました。

もくもく

そんな仕打ちを受けているキバ子とは裏腹に、もこっちはゆりちゃ、まこっち、吉田さんと中庭で昼食。

今回の注目点はゆりちゃがまこっち特製サンドイッチをもくもくとヒョイパクしてるところと、あとは「よしまこ」ですね。

ゆりちゃは一心不乱にサンドイッチを頬張ってますがあまりにもおいしすぎると言葉すら出なくなる・・・・食レポの企画でときどきある現象を体現してます。

あと、ゆりちゃにとってはサンドイッチの味よりもいつもの4人でお昼が食べられるところに重きをおいているんでしょう。

そしてゆりまこですよ!

遠足の回からはじまったよしまこの関係ですが、完全に恋人を通り越して夫婦になっているではありませんか!

喜び方がもこっちのとき(すぐ下のコマ)とは全然違いますからね。

鬼畜なネタキャラが多いわたモテの唯一の癒やし枠ですね。

言えないこと

ゆりちゃやネモにはお互いもそうですがクロにも言えないことがたくさんあるよってな回ですね。

1つ目に言えないこととはゆりちゃがもこっちを叩いたその理由。

ゆりちゃはもこっちを2回強撃したことがあるんですが、恥ずかしいやりとりをした1度目はともかく、2度目なんてゲスすぎて言えないよな・・・

それは喪144での話なんですがなにが「生理」だよ、とまあきれいな話までギャグにするニコ先生の手腕、ぼっち時代からゲスな考えを持っているもこっち最大のギャグシーンでしたね。

あれ、そういえばネモがクロに2回も見られている場所って、もこっちはうっちーから見られてたんでしたっけ??

そして2つ目はゆりちゃが意外とむっつりだったこと。

この手の話にはストイックなのかと思いきや、ゆりちゃ、これはもこっちと話を合わせたいから見はじめたマンガに自分が大ハマリしてしまってるパターンですよね。

しかもそれがエロい作品ときたらもこっちどころか読者も大興奮しちゃいますね。

すきあらばゆりちゃをエロい方向に持っていこうとするもこっち、いいぞ!!

やっぱりむっつりだったのかゆりちゃは・・・

そういえばもこっちから服を着てと言われた時、わざわざ肩を出してきてましたしね。

あれ絶対ブラを外してますよ。

これは深夜、モコニーしてるのが現実味を帯びてきましたね。

違うって言い張っているってことは、実際は違くない、当たっているってことなんですよ。

あと、ゆりちゃはもこっちが自分を見てくれないと、その対象が人物でなくてモノですら不機嫌になるタイプの子だということがわかりましたね。

これは実際に付き合ったらめんどくさくなるタイプだぞ・・・

もこっちも今回はスルーせずにゆりちゃを公園に誘って会話をしてますよ!

ああ、ゆりちゃの表情から考えていることを読み取れるようになったんですね・・・

それよりなにより、ゆりちゃがいつもは丈の長いスカート姿しか描かれないゆりちゃのパツパツ気味のジーンズ姿が見られただけでも眼福です。

近所の中華料理屋が東天紅だった気分

今回のエピソードは友人から近所の中華料理屋に誘われてまあそこらの小さいお店だろうと二つ返事でオッケーしたらそこが東天紅(高級中華料理屋)だった気分になりましたね。

なにせ短編オムニバスのどれもが情報量が多く、しかも脇役にもスポットライトが当てられどのキャラも立っていて死に体の人物がいない、本当に満漢全席を食べている気分でしたからね。

こんなに満漢全席出されたら食べられませんよ先生・・・

「モテないし弟が3-5に来る」よりも贅の限りを尽くしています。

キバ子があの仕打ちを受けるのはもはや運命としか言いようがないですし、伊藤さんとこみちゃんはヤバイランクが「☆☆☆☆☆」な意味ではお似合いですし、さらに智貴をめぐってはこれまたヤバさが「☆☆☆☆☆」の紗弥加の鬼畜さに翻弄される朱里ちゃんにはこのさき紗弥加をぶん殴ってでもいい恋愛を送ってほしいですし、うっちーはそろそろ究極の2択をみやちゃんから迫られそうですし、いやー、書くことだらけで長くなりますね。

これ絶対ニコ先生、ファンアートとかなんJあたりをチェックして、使えそうなネタを面白い方向に改造してますよね・・・

これは批判的な意味で言ってるわけではなく、ネタの豊富さから、それくらいやっててもおかしくないよってことです。

特別編からわずか2週間ですからね・・・

あと、「言えないこと」の2ページですれ違ったうしろすがたの少女、これ「クズメガ」のおーりですよね!?

まさかの連載終了後の友情出演!

これはいつぞや描かれた「喪女と文学少女」の後のコマ!!

えっ、1年以上も前に描かれた、みんなが忘れていた1ページだけのコラボマンガすらうまく再活用してるよ・・・

そんなニコ先生のコマの構成力の高さが光るエピソードでした!

わたモテ記事一覧

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!の感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ



スポンサーリンク

私がおすすめする記事(広告あり)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする