【わたモテ】喪146「モテないし雨がやむまで」感想:加藤さんとの勉強会回!加藤さんは美人&うっちーただの柄悪い人

わたモテ喪146「モテないし雨がやむまで」が配信されましたので感想を書いていきます!

このところのわたモテは神回が続いていて感想もそれに合わせて長文になってきています。

まあ内容が充実しているという点においては非常に喜ばしいことなんですけどね。

私も読み解くためになんべんも読み返してますから。

さあ、今回はどんなストーリーが展開されるの!!

加藤さんとの勉強会回

とある雨が降る日の放課後。

もこっちが家に帰ろうとすると加藤さんから「勉強とか、時間つぶして帰らない?」

と今回はかともこの勉強会ですよ!

ネモが1コマだけ描かれているのが妙に印象的。

今回ではここだけしか登場してないですからね。

もしかして前回、あのあとネモと加藤さんの関係が冷え込んでしまった・・・?

いやいや、別な用事(声優レッスン)であーちゃんと帰ったと思いたい!

次の話ではごく普通に会話していると信じたい!

そして最初のページ、一番左下のコマにしれーっといるゆりちゃ!

これはもう確実に、何も言わなくても智子についていく顔してますよ・・・

扉絵、既成事実のように「時間つぶしにみんなで勉強」なんて書いてあるんですが、加藤さん、いつの間にゆりちゃとまこっちも誘ったの・・・?

あれ、加藤さんが誘ったのは黒木さんだけの気がするんですが・・・

そして加藤さん、いつになくお美しい!

ときどき作画が崩れている時があるんですが、今回の加藤さんの作画は終始安定していました。

なんと加藤さん、黒ベストですよ!!

もうあたたかい、というよりも暑くなる時期ですからね、夏になったらその黒ベストも脱いでそう。

もこっちはそれを見て、透けブラ見て「へへへ」なんて気持ち悪いことしていそう・・・

修学旅行でうっちーの下着を盗んだときのように!

自習室にやってきたんですが、当然のことながら試験前なので座席はほとんど埋まっていたために離れて座ることに。

もこっちと加藤さん、まこっちとゆりちゃがペアになって座ってます。

なにこの釣り合ったパワーバランス!!

やっぱりまたしても加藤さんが黒木さんを誘ったんでしょうね。

スポンサーリンク

もこっちはゆりちゃをどんな人だと思っているんだよ

勉強中、もこっちはゆりちゃが音楽を聞きながら勉強をしていることに興味を示すわけですが・・・

おいおい、もこっちよお、ゆりちゃをどんな人だと思ってるんだよ・・・

どこにお経や砂嵐を聞いて勉強する女子高生がいるんだよ!!

たしかにゆりちゃならそのどちらを聞いていたとしても私たちは別に驚かないですけどさあ!!

「ありえそう」なんて感想に書いてますよ!!

もこっち、ゆりちゃのことをやべーやつ扱いしていたのか・・・

どんな音楽を聴いているのかは分かりませんでしたが、お経つながりでしたら意外とこんな曲を聴いてそう・・・

出典:鼻そうめんP作曲:スネ夫が真言を唱えている時に流れている曲

※これ実際に今年私が参加したクラブイベントで誰かがかけてましたからね・・・

そうそう、お経を聴くとイライラが取れて心が落ち着く効果があるそうですよ!

ぜひストレスがたまっている時には試してみてほしいです!

加藤さんともこっちのイヤホンのメーカーが同じだった件、からの・・・

ゆりちゃはやばいやつだともこっちが思っているのと同時に意外な事実が。

なんと、加藤さんともこっちが使っているイヤホン(ヘッドホン)のメーカーが同じでした!

これは加藤さんも言及していて交換して使うことにしたんですが、もこっちはヘッドホンを使っているのに対し、加藤さんはカナル式のイヤホンを使ってました。

ここでゲス思考になるのが実にもこっちらしいですね。

私の穴に挿入れて(いれて)いいのかだのヌプっとだの穴姉妹(穴兄弟からの造語か)だの言ってますよ!

完全にそっちのシーンに例えているではありませんか!!

なんだよ挿入れてなんて言葉を作って!

それに、イヤホンを耳に入れる時にヌプっとなんて言いますか!

でも加藤さんとしては嬉しかったんでしょうね、黒木さんと同じメーカーのイヤホンだったことが。

ああ、音楽を聞きながらまた共通点が増えた・・・と感じているんでしょうね。

ところで、加藤さんはふだん(この勉強中じゃないですよ??)音楽なにを聴いているんでしょうね、クラシック?それとも洋楽系かな?

まさか私のようにユーロビートなんて聴いてないですよね?

あれ、走り屋さんには受けるかもしれないけれど、勉強するには全く落ち着かないぞ・・・

私もブログ書いているときは音楽を聴いているんですが、ゲームのサントラを聴いてます。

ここからもこっちと加藤さんはお互いなにを聴いているかの話になるんですが・・・もこっちはやっぱり声優関係のなにかだったか!

きーちゃんのときはフリースタイルダンジョンを見ていると言ってましたが今度はヒプノシスマイクですよ、完全にラップにはまっとるやないですか!!

※元ネタのヒプノシスマイクは男性声優がキャラに扮し、3つの地区に分かれて住んでいて各地域のラッパーが精神に鑑賞するラップ「ヒプノシスマイク」でバトルをして領土争いをするのがストーリー。

加藤さんならもこっちのゲス思考を読んでてもおかしくないと思うんですよね。

エロ知識だけならもこっちに負けてないでしょうから。

アレのことをペ●スだとかヴァ●ナいう女の子ですよ?

加藤さんも思ってそう、「黒木さんの穴に入ったイチモツが私の穴にも入る・・・」とか。

そのうちエロバトルしちゃうんじゃないのこの2人!

そんで、「陰キャだから韻踏むの好き」とか言い出しましたよこの子!!

どれだけラップにハマってるのよ・・・

大学行ったらラジカセ片手に街歩いてそう(いまどきそんな奴いるのか?)

その一方で加藤さんは英語のアプリの音声を聴いていたようで。

加藤さんはやっぱり天使、聖母、淑女でしたね・・・

おゲフィンな音楽を聴いてたらどうしようかと思いましたよ。

NK-POPなんて聴いてたら私はその日ブラウザを閉じてましたね。

その後の会話で加藤さんはいまのもこっちのことを「真面目で大人しい子ではない」=「ちょっとバカなところもあるしエロいけれどいつの間にか友達2人の仲を取り持ってくれる活発なキャラ」だと思っているんですが、もこっちは加藤さんを2年のとき「パパ活してそう」なんてひどい連想をしていたんだな・・・

うっちーが怪しいやつと化していました

加藤さんともこっちがコソコソ話すもんだから特大の舌打ちが飛んできましたよ。

って、舌打ちしたのはうっちーかよ!!

しかも歯ぎしりまでしてますからね。

ところで、宮崎さんの姿を見かけないんですが・・・

となりにいるのは黒髪ぱっつんちゃんですからね。

あれ、うっちーと宮崎さんはペアなはずなのに・・・

やはり電車の中でもこっちから情熱的に抱きしめられて満更でもない顔をしていたのを見てこちらもこちらで仲違いしてしまったか。

もこっちの知らないところで自分をめぐる女のバトルが展開されているんですが、これをもこっちが知ることは決してないでしょう。

みんなの志望校の話題へ、そしてそばかすちゃんの名前も・・・

休憩時間はみんなの志望校の話題へ。

加藤さんともこっちは今までの話で青学を受験することを決めていますから、あとは千葉西を見学したものの、もこっちが青学受けると言っちゃったもんだから決められなくなったゆりちゃといままで会話にも出てこなかったまこっちの志望校ですね。

まずはまこっちなんですが・・・やはり第一志望は千葉西で、他に私立をいくつか受ける、そんな進路をえらんでました。

教育学部を志望している彼女ですが、千葉西大学の元ネタの千葉大学は正規教員採用率が全国の国立大学では全国1位になったこともある歴史のある大学ですからね。

あと、幼稚園教員養成課程や養護教諭養成課程なんてのもありますので、もしかすると学校の教員ではなく幼稚園の教員になるのかもわからないです。

ホラ、キバが生えた自分の思いに超正直、悪くいうと幼稚園児みたいな女の子が同じ教室にいますし・・・

ゆりちゃの志望先は・・・絶対にもこっちの顔を見て「青学」と言いましたよね!よね!

ゆりもこ来ましたよやっぱり!!

とまあずっと迷ってきたゆりちゃも志望大学を青学に決めたようです。

これは来年からルームシェア展開、ありますよ・・・

本編では描かれないでしょうから、ファンアートや同人誌を見るしかないですが。

ちょうど「大学生だしルームシェアする」なんて同人誌も売られていますしね!

そして話の流れでいままで名前がでてこなかったそばかすちゃんの名前が「夏帆」なことが分かりました!

ゆりちゃともこっちは彼女のことを覚えてなかったんですが、もこっちはあるときまでぼっち脱却にいっぱいいっぱいで周りのクラスメイトを見ていなかった、ゆりちゃは仲がいい人以外のことは記憶にもとどめていないんでしょうね。

この作品は登場人物の苗字や名前は会話の流れで自然に出てくるタイプの作品ですから徐々にみんなの名前が判明していく、最初に出会ったときはお互い名前も知らない点においてやけにリアル感あふれる作品なんですがここに来てまた一人、名前が判別しましたね。

最近は名前が明らかになるペースが早いから把握しきれませんよ!

夏帆に麗奈とかイッコ先生は一昔二昔前の女優さんがお好きなんでしょうかね・・・

ようやくメインキャラの進路が定まりました。

ネモは演技が学べる森永大学、まこっちは教育学部がある千葉西大学でのこりのキャラは青山学園大学へ進みます。

うっちーもなんだかんだしっかりと青学を受けてそう。

試験の前には友達と自習する子ですからね。

智貴、シスコン疑惑

休憩からのもどり道、もこっちたちはとある男子生徒とすれ違うんですが・・・

それは弟、智貴とその友人でした!

友人はとある女子を見て「スゲー美人じゃなかった」と声をかけるんですが、智貴は「どこがだよ、ただのチビだろ」と返してますよ!

お前、やっぱり姉のことしか目に入っていなかったのかよ・・・

いやいや、となりに美人のお姉さんがいただろ!!

あのぼっちをこじらせさんざんクズ発言していた姉の隣に3人も女子生徒がいるのに見ているのは姉だけかよ!

智貴にとって美人ときいてまず連想されるのはほかでもない、姉だったようです。

その発想の飛び方がおかしい、おかしいよ、おかしくて大笑いしてしまいますよ・・・

こみちゃんに興味が湧いてきた描写もあったのに!

ああ、いまもむかしも、こみちゃんのことはただの姉の友人としか見ていなかったんだろうな・・・

これはこみちゃん、告白してOKされるのは絶対にムリですね・・・

そして智貴はやはり、シスコンはいっていますよね・・・

とまあ、かともこが8割をしめるこの回の幕間にシレッと姉弟ネタはさんできてました。

最後はもこっちが加藤さんにひざまくらされる!

ラストは4人席で勉強するもこっちたちなんですが、加藤さんがひざ枕を誘うシーン何これ!!

眠そうなもこっちを見て遠足の帰りの電車のシーンを加藤さんも読者も連想したんでしょうが、加藤さんのママ、聖母っぷりを強調するイベントとともに本当に黒木さんが好きなのを感じずにはいられない、一コマでしたよね。

もこっちはひざまくらで興奮してしまい眠るどころか眠れずに「今度は体液を出さないようにしよう」と口を拭うんですが、ここまできてなおまたちょっと変わった思考が飛んできてますよ!

こんどは穴姉妹じゃなく「姉妹(スール)」に飛んじゃいましたよ!

※スールとはマリみてにおける上級生が下級生と姉妹になる特別な約束をすること、その関係になった人物のことですね。

もこっちらしい発想なんですが、この場合、姉キャラだけどもこっちのほうが下級生なんだろうか。

加藤さんと穴姉妹で姉妹(スール)でさらには母子ですからね。

最後の最後まで笑いと味のペースを落とさせないですよ、ニコ先生は!

ラストは雨の中の帰り道なんですが、さっきまでの勉強時間を一言で「時間のムダ」と考えるあたりがやはりゆりちゃですね。

なんてことを言ってるの!とまこっちは名前を大声で呼んでたしなめるんですが、やはり加藤さんに膝枕されてる画を目の前で見て不満がたまっていたと同時に、この人には絶対に勝てないと思っただろうな・・・

一方で加藤さんはもこっちやまわりの子たちの新しいことを知れて大満足、もこっちは「まこっちとゆりちゃのスカートの中が見られて」大満足とかもこっち、最後に大オチ持ってきすぎやろ・・・

あのひざ枕で興奮しながら向かいにいた2人のスカートの中をのぞいていたのかよ!

でも見られなかったのでは?タイトスカートじゃあるまいし。

場面が変わるたびに見出しが増えていくタイプの話

今回はオムニバス形式の話ではありませんでしたが、場面が変わるたびにイベントが最低1つ発生していてそれに合わせて見出しがどんどん増えることになりました。

1つ1つの場面で各キャラクターに対する新事実が分かったりと絶対に見るべきなイベントが取り入れられていますからね・・・これはまた文量も増えていきますよ。

なによりもラスト、「もう少し5月があっても良かった」「1・2年のときはもっと早く終わってほしかったのに」と膝枕されながらもこっちが気持ちを改めているシーンなんて一番の大イベントですよ。

これは自分がもがき苦しんだ2年間があっての回想なんですが、やはり修学旅行で迷惑かけつつグループをまとめたり、リア充と妬んでいたネモと実際にしゃべってみたらネモもネモでカースト上位に入るためにはためんどくさいことをしてたことが分かったから自然体で過ごそうと考えを改めたり、そういった行動の積み重ねなんですよね。

そしてひざ枕の相手は聖母加藤さん!!

ああ、もうその回想のコマが2人の後ろ姿が腰のあたりだけの描写ってところにノスタルジーさを感じますね。

そして加藤さん、今回全編グイグイ来てましたね・・・

もこっちのことをもっと知れる、もっと仲良くなれるいいチャンスでしたからね。

このチャンスを逃さず動いてきてますよ。

これはネモもゆりも手が出せないタイプですよね・・・

でも最後の方のコマでやたら切ない顔をしていたのはどうしてでしょう。

またよだれ垂らしてほしいのか、膝枕されているもこっちがそのまま何もゲス行為してこないことに不満なのか・・・

やっぱりそんな事考えているのか加藤さん・・・

で、うっちー!

もはや行動が危ない子になってますよ!!

舌打ちするのはまだしも、自習室内をうろつきさまよってますからね。

さいごまでうっちーについて語られなかったということは、本編を通してもこっちたちはうっちーがいるのには気づいていなかったのかな?

あとはゆり!

やっと志望校を定めたんだね・・・

これで合格すればあと4年間、もこっちと大学に行けるね!

カリキュラムが違うから登校時間はばらばらになるんでしょうが、ゆりちゃはムダな時間を生んででも一緒に行きそう。

さいごはそばかすちゃんこと夏帆ちゃん!

今まではもこっちと会話をしたコマが皆無(でしかも3年になったらクラスも違った)だったそばかすちゃんもまさか今後はもこっちの蠱惑さに・・・

ええええ、どんだけもこっちは天然ジゴロなんですか・・・

もこっちたちと夏帆ちゃんが勉強会をするこの描写も早くみたいですね!

わたモテ記事一覧

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!の感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ



スポンサーリンク

私がおすすめする記事(広告あり)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする