【わたモテ】喪154「モテないし球技大会も終わる」感想:もこっちたちと二木さんが卓球組で初サイゼ!ゆりちゃが場の中心に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4/4にわたモテ喪154「モテないし球技大会も終わる」が配信されました!

前回はケンカ別れしてしまったうっちーともこっちの間でなにかある話かと思いきや、超意外や意外にお昼休憩でのいとこみ回でしたね。

こみちゃんがピュアな顔をして智貴のことを妄想しているのを見た伊藤さんがこみちゃんとの初対面を振り返り、波長が合っていたよ、あとは、伊藤さんとしゃべる子が増えたのは自身はまだ知らないけれど、実はもこっちとかかわるようになったからだよ、なるそんな話でした。

そろそろ球技大会が終わるということで、その結末が楽しみですね。

それでは見ていきますよ!

球技大会、終

これは最近のわたモテにおいてはずっとそうなんですが、今回もあえて書きます。

どこから感想を書き始めればいいんじゃ!

書き出しを考えるために10回くらい最初から最後まで何度も本編を読み直したり、1~2時間ほど仮眠したりして頭の中を整理しておりました。

2日間行われた球技大会も大詰め。

いいところまで勝ち進んでいたもこっちたち3-5卓球チームも敗れてしまうんですが、今までにネモが何度かやってた状況説明兼軽いマウント取りをゆりちゃがやるのがいいですよね。

これはゆりちゃが初めて勝ち、ネモが負けてしまった初のケースなわけですが、ゆりちゃもこれがやりたかったんだろうな・・・

2度もネモに一方的に田村さんが負けた田村さんが負けた言われて、悔しくて悔しくてもこっちと一緒に満喫で卓球の練習をして、ようやく勝てたわけですからね。

しかも前回昼食のときにあれだけギッチギチにチャックを閉めていたジャージの上を今回はだらしな~く着ている、ゆりちゃは昼食のときはあの大人数で、しかもあんまり知らない、というより興味も持っていないような人がいたからかなり縮こまっていたことがうかがえますね。

一方でソフトボールもソフトボールで、伊藤さんとこみちゃんがピッチャーの動きを動画で撮って研究するほどに強い3-6に負けてしまうことになりました。

そのピッチャーが強烈な当たりを放った時の生足が個人的には好きだったりします。

試合展開は9回裏で3-6が逆転勝利、あの一発が勝敗を分けたような描写になっていますが、実はソフトボールは7回制だったりします。

とはいっても7回終了時点では同点だったのでタイブレーカー、8回以降はノーアウトランナー二塁の状態から試合を続行させるルールにより、9回まで進むのも間違った話ではありません。

その下のコマでは采配の誤りだったかと本気で反省するこみちゃんと、4人はさんで「かっくん負けちゃった~」相当に甘え口調で豚の餌さんこと三家さんが彼氏といちゃついてるシーンが左右に長い1つのコマで描かれています。

あー吉が会話してた!

この組み合わせ見るのは遠足のとき以来ですか。

会話から察するに、あー吉も勝ちにいってたようですね。

負けて落ち込んでるこみちゃんの方に木を配置する陰と陽の対比を1コマで表してきましたよ。

キバ子も暗い表情をしていますが、試合終了後にこみちゃんからうだうだ言われたわけでもなさそうですし、目の前のカップルのイチャイチャを見てるのかな。

こみちゃんが一度降板させたキバ子をピッチャーに再起用したわけも気になりますね。

他のメンバーと比べるとマシだったとかそういうネガティブな理由は嫌ですよ。

キバ子を信頼してピッチャーに起用してほしいです。

場面は表彰式へ。

もこっちたちは3位決定戦に挑みましたが、どうやらこのときは応援する人がいた模様。

雫ちゃんはわかるんですが・・・うっちー!?

うっちーが控えめに応援しているって何があったんだ!?

雌猫グループやもこっちとのわだかまりはどうなったんだろう。

やはり巻末のオマケマンガ行きなのか?

雫ちゃんは手をメガホンのようにして応援の声も大きめなのに対し、うっちーの場合は「くろきー」と控えめなのがいいですね。

さらに、このタイミングで名前が付けられたキャラがいました。

それはさっきのソフトボールでピッチャーをやっていた黒髪ポニテの子なんですが、風夏ちゃんなんですね。

黒髪ポニテの子は何回かモブで出てきてたけど同一人物なのかわかりませんでしたが、結局のところずっと分からぬままそのうちの1人に名前が付けられました。

加藤さんと面識がある子なんですが、この横にいるちょっと目立ちたがりな子が糸目さんだろうか。

風夏ちゃんは2年のときには同じクラスにいなかったので、加藤さんが1年のときに一緒だった子と推測できますね。

ここだけ二大巨塔としてこっそり学内でファンクラブができてそう。

今後の登場に期待できますね。

本番はサイゼノアでの打ち上げ

今回の本番はサイゼノアでの打ち上げですね。

卓球組の5人(もこっち、ネモ、ゆりちゃ、加藤さん、二木さん)がかる~い打ち上げに行くんですが、果たしてみなさんはゆりちゃと二木さんのどちらに目がいったでしょうか。

やっぱりゆりちゃかなあ・・・

不器用ながらもみんな(もこっち?)のためにピザを切ったり、卓球でみんなのために何かをしたのははじめてで楽しかったけれどもやっぱり勝ちたかったという二木さんに、一見あの場においては全く空気を読めなさそうに見えたサイゼのクソムズ間違い探しを他のメンバーに見せて、みんなが一斉に探し始めたことをきっかけに「このクラスならまたみんなで何かやったりすると思うよ」、だからそのときは勝ちに行こうとおいしいところをもっていったりとやっぱりいい子なんですよこの子は。

二木さんの発言の意図をネモよりも加藤さんよりもいちはやく汲んでますしね。

むしろ多少ご立腹のもこっちが鈍感すぎるくらいか。

あとゆりちゃ、もこっちと二木さんがいきなりチューチュー飲み物を飲んでるなか、ちゃんとみんなが着席するのを待ってるんですよ!

まこっちとも何度もファミレスに行ってるみたいですし、陰キャなんだけれども少なくとも何人かは友達がいて決してぼっちではなかった、ファミレス慣れをしてるのがわかりますよね。

あと、まこっちとサイゼノアに行ったときは毎回間違い探しで楽しんでることもわかりました。

どっちから話を振ったんだろ、私の想像ですと、まこっちからのような気がしますね。

一方で二木さんは、初回から謎を残しまくりのミステリドールかと思いきやしゃべってみたらごくごく普通の子だった、なんだろう、ときどきクラスにいましたねこういうタイプの子。

何考えてるのかわからないから誰も話しかけないけれど、いざ話しかけてみたら面白いやつだということが分かったパターンの子ですね。

「エビ飼いたい」「ウォウ~」の元ネタは同人マンガの「金魚王国の崩壊」の主人公水谷香歩のことです。

調べてみたところ、どクリソツでした。

もこっちと二木さんが何も考えずに飲み物をちゅーちゅー飲み始めたら陽キャのネモから「お疲れ様でーす!」とくるもんだからビクッとなって量の減った飲み物をそのまま乾杯しないといけないシーンはまさに普段グループでファミレスに行くことがない陰キャを表していますね。

あと今回はサイゼノアのシーンではもこっちがほとんど喋っていないのも印象的でしたね。

もともとファミレスやマクドあたりに集団で行ったときも自分から前に出てしゃべるような子ではなく聞き役に回るのはもはやおなじみの光景ではあるんですが、実際はこのイベントでもってもこっちの心情を改めて確認できるようになってます。

「ネモも加藤さんも・・・ゆりも私に付き合ってくれた」おそらくもこっちの考える付き合ったと3人の考える付き合ったは微妙に意味が違うはず。

もこっちはあくまで謙虚に「付き合ってくれた」なんですが、ゆりネモ加藤さんは陰キャ陽キャの違いはあれど揃って「もこっちと一緒がいいからこっちに行く」タイプですからね。

それでいて「勝ちにこだわれば優勝できたかも」とわりとしんみりするようになったもこっちの強くなるさまにはいろいろすさんだ心が洗われますね。

ただ、これもう、今までの話を見て総合的に判断すると、やっぱりゆりちゃのパラメーターが一番上昇していませんかね・・・

二木さんの発言からもこっちですら全く気づかなかった、というかそのことを全く思いもしなかったからたしなめていたけれど、実はみんなでできそうな遊びとして、手元にあるサイゼリアのクソムズ間違い探しでみんなで10個間違い探しをする発想にゆりちゃは即たどりつけるんですよ。

※本当はそれほど馴染めずにその場しのぎとして一人でもできる間違い探しをやりはじめたけど、見つからないから場にいる全員にサッと見せた可能性もありますが。

その上で5人が間違い探しをしてる様を見て「このクラスならまたみんなで何かやったりすると思うよ」と綺麗な締めを見せるとか、ちょっと前のゆりちゃならまずやらなかったよね。

やっぱりあれなんですよ、「またね、ゆりちゃ」のときぐらいからゆりちゃも思いやりを持てる子になったんですよ、となりにいる元ぼっちの子のおかげで。

ゆりちゃは修学旅行後~バレンタインチョコを作るエピソードからキャラが3/4周しててずいぶん変わりましたよね。

ファミレスのシーンの最初ではいつものようにすみっこにいたけれど、最終的に場の中心にいるじゃありませんか。


最後となりましたが最近見せ場が多少減ってしまってるネモ、グイグイいかないとおいしいところを全部ゆりちゃと加藤さんにかっさらわれちゃうよ!

あの席替えでもって、ネモはネモクロからネモゆりにチェンジしたかな。


いやいやいや、球技大会に6話ほど使い、さらにその中で今までそれほど接点がなかったうっちー以外の雌猫グループや二木さんのように人間関係までもどんどん変化させていくこの作品、最終的にもこっちグループは何人まで膨れ上がるんですかね・・・

さすがに登場人物全員がグループ入りすることはなさそうですが、それでも倍率ドン!さらに倍!までは増えてそう。

そして球技大会が終わり、次回からはまた日常に戻ります。

今度はどんなストーリーになるんだろうか、気になりますね。

それでは3週間後お待ちしてます。

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!記事一覧

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!の感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

マンガ感想記事一覧

マンガ感想記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ