【感想】やがて君になる第2話:ああ、二人の距離が一気に近づく・・・

広 告

やがて君になる第2話「発熱/初恋申請」が放映、配信されましたので感想を書いていきます。

夕暮れの生徒会室で燈子が侑に「君のこと、好きになりそう」と告白をしてきたのがクライマックスシーン、そこから生徒会長の選挙の推薦責任者になってほしいと依頼されたのが第1話。

さあ、この関係、一体どうなってしまうのよ??

第2話、見ていくよ!

広 告

二人の距離が一気に近づく

あらららら、ちょちょちょちょちょっと・・・

なに踏切の向こう側でキスしてるのよ!!

ほんの一瞬のことなのに魅せるスローモーション演出にしやがって!

踏切を通過する電車を壁にして、二人きりの空間を作るのがうまいなあ~!

これで分かりましたでしょう?燈子の侑への想いは超本気だということが!!

ただ、「こういう事したい好きだったんだ」の演技に若干の違和感もありますけどね。

あれは侑に対して発言しているんですが、「好き↑だったんだ↓」が尻すぼみの演技のせいか独り言のように聞こえてしまうのが気になるところ。

もうね、「1年生は2年生のことを知らないから推薦責任者にしたら他の生徒も興味をひかれるのではないか」なんて発言は全て建前にしか聞こえなくて、本音は「ずっと侑と一緒にいたい」なんですよ燈子は。

絶対そういう理由でしょ・・・

しっかし選挙の推薦責任者に侑を引っ張り込んだり、告白した数日後にはキスをして強引に先手を取ろうとしたりする、確かにズルい女ですよね・・・

強引さならどこかの街にいるフィリピン人女性にも負けてないですよこれ!

恋愛を成功させるには多少の強引さで既成事実を作ってしまう必要があるんですけどね。

さらにズルいのは、そのキスの後、燈子はアプローチを積極的にしてこないことですよ!

「そういう理由じゃない」ことを示しているその一方で、キスに対する侑からの答えを聞いているかのような・・・

手をつないだ後とか、侑の気持ちを知りつつ「この気持ちをあきらめたくない」と告げた後に全てを真っ向否定されるんじゃないかと不安になる絶妙な表情を見せやがって燈子この野郎!

でもさすがに侑も全否定まではできないのではなかろうか。

取材で隣に並んだ時、隠れてこっそり手をつなぎ、その後の燈子の満足そうな顔を見てしまったからには。

そう、隠れてこっそり手をつなぐ、それが侑が分からない、特別な思いというものなんですよ。

あそこでもっと先に進んだ恋人つなぎするんじゃねえかとドギマギしましたね。

それにしても、他人の感情に揺さぶりかけるのうめえなあ~燈子は!!

23分燈子による「特別な思いがわからないなら、私が特別な思いがどんなものか見せてあげる」劇場でしたよ。

これはきっと侑の中でいろんな感情がどっと湧いてきて悩みだしますよ、うん。

三角関係勃発か!?

エピソードの順番は前後するんですが、一方で、沙弥香も沙弥香でこちらも発言の節々からアレレ~なことになってないですか?

沙弥香→燈子←→侑

見え隠れする沙弥香のヤキモチ。

応援演説の原稿も下書きなんてウソ、ありゃ考えに考えて作った清書レベルのできばえですよ。

こちらもこちらでまさかの一方通行的な恋心ですか・・・

そしてやはり見せる表情と言葉の選び方がうまいのな!

こりゃ納得できなくても納得せざるを得ないわ・・・

結局あなたは何人の女性をたぶらかしたら気が済むんですか!!

しまいにゃ他の女性も手玉に取りそうなんですが!

暗い部屋で一人音楽を聞くシーン

ラスト近くで侑が暗い部屋で一人音楽を聞くシーンがあったんですが、何でしょう、これ5年前に私もシチュエーションは全く違うけど、同じような雰囲気になったことがありましたね・・・

これは私ごとなんですが、やっぱりね、狙っていた女性に彼氏がいると知っていても、デートのお誘いメールを送った返事が「彼氏がいるので遠慮します」だと、その日一日いろんなジャンルの音楽をずっと聞いていないと沈んでしまうんですよ。

彼氏がいる女性が私にアプローチしてくるかってな話ですよ。

だからお誘いメールを送ってみたんですが、万が一どころか万が0.1OKしてくれるのではないかと勝手に期待して勝手にガッカリしているというところまでまるっきり同じで思い出してしまいますね。

・・・その前に真剣な目で見つめられたら、その気になっちゃうじゃねえかよ・・・

そして燈子には、女天然ジゴロという二つ名を与えたいと思います。

やっぱり百合作品はいきなりいちゃつくのではなく、こういう関係が進んだり離れたりする過程が大事ということがよーく分かりました。

やがて君になる記事一覧

 AnMaGa
AnMaGa
https://summertime-24.info/yagatekimi
アニメ、マンガの感想や紹介、ゲームのレビューや感想を書くブログです。

作中出てきたコンデジはこれで間違いないですね。

広 告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。