【約束のネバーランド】第3話感想:クローネの身体能力の高さは異常

スポンサーリンク

約束のネバーランド第3話「181045」が放映、配信されました!

前回のラストにクローネなる大人が登場、ただでさえイザベラの鋭い監視の目があるこの状況にもうひとり大人が増えたことで脱出するにはますます不利な状況になりつつあります。

さて、ここから子どもたちはどう動いていくのだろうか・・・

 

スポンサーリンク

第3話あらすじ


新たな大人、シスター・クローネが現れ、監視の目が増えたハウス。
レイも加わり3人で脱獄の方法を模索するなか、エマは自分たちの身体に埋められている発信器の場所を特定する。そして全員での脱獄に向けた訓練のため、全力の「鬼ごっこ」を始めるが、そこにクローネが鬼役として参加する。

約束のネバーランドアニメ公式サイトより~

大人たちのおそろしい会話に注目

まずは大人サイドの動きに注目しましょうか。

特に発言に注目すると・・・かなりおそろしい会話が平然となされていることがわかります。

・怪しい動きを見せている人物はすでに検討がついている

ママは農園の実態を子どもたちの誰かが知ってしまっていることはすでに把握済み、しかもその人物の検討はついていて、エマ、ノーマンの2人と予測をしています。

まあ、この2人だけ、周りとは違ってとあるタイミング以降、明らかに怪しい動きを見せていますからね。

ただし、ママはこの2人を、即時出荷の規定に反し泳がす判断をとる模様。

・クローネとイザベラ(ママ)の権力闘争が起きそう

イザベラは超致命的なミスを犯していた、それは、複数の子どもたちにこの農園の実態を知られてしまったこと。

しかも農園の実態を知った人は即時出荷の規定に反し、ママはこのミスをもみ消す判断をしています。

それをダシにクローネはイザベラに協力するフリをしてママの座から失脚させる権力闘争を起こし、最終的に自分がママの座を奪い取る、そんな計画を実行に移しつつあるようで。

そんな計画を両隣が子供部屋の自分の部屋で語るな!ミュージカル調に歌うな!

絶対に目が覚めた子どもたちに聞かれているだろ!

・プラントは最低3つある

どうやら孤児を育てて鬼に出荷するプラント、ここを含めて全部で3つあるみたいですね。

その中で一番優秀なのがここのプラント、その中でも例の3匹(エマ、ノーマン、レイ)は超上物で、鬼のボス、あの方に献上するようだ

クローネが脱出のカギになりそう

やっぱりノーマンたちが農園を脱出するカギとなるのはクローネにありそうですね。

クローネは権力争いのためならイザベラだけでなく子どもたちもうまく利用してきそうなので、逆に子どもたちが知恵を使ってさらに利用すれば脱出は成功しそうですが・・・

一番怖いのがどっちつかずなところなんですよね。

完全にどちらかの側についているわけではないので、クローネはイザベラと子どもたち、両方に利益をもたらす動きをするということです。

それにしてもクローネの世界陸上の選手レベルのあの身体能力の高さは異常ですよ・・・

登場後早々とクローネの真の?姿を私たちに見せてきましたね。

クローネが鬼の鬼ごっこで遊んだんですが、あのウサイン・ボルトと肩を並べる走りを見せられた日にゃ子どもたちも正面突破はとうてい無理です。

あと、クローネは割と心理戦にも長けている人物でしたね。

エマやノーマン、レイの弱点を超早く把握している、 年少の子どもたちに細工をした葉っぱを与えてそちらに気を引かせて一箇所に集め、一網打尽に捕まえる・・・

ということは年少の子はみんな言ってしまえば脱走の足手まとい、だけれどもこの子らも一緒に脱出させないといけない、やっぱり最難関ですってこの計画・・・

クローネのように身体能力がやたら高い人物がいるのが実にジャンプ的。

アイツ、自衛官みたいな顔してるから見た目の通り腕力も体力もあるぞ・・・

ということはやっぱり脱走は体力勝負ではなく、知恵と心理の勝負になるんだろうね。

いちいち登場シーンが不気味なのがホラー感を演出していますね。

こんなのが暗闇で迫ってきたらおしっこちびっちゃいますよ・・・

子どもたちは超ピンチの状況

子どもたちにとってイザベラだけでなくクローネとかいう大人が1人増えたこの状況はピンチですね。

ですがピンチの中からわずかばかりのチャンスを見出そうとしています。

まずは先週からずっと気にしていた発信機が体のどこに埋め込まれているのかですが、これはつい最近農園にやってきた赤ん坊の体を調べたところ、なんと耳たぶにあった!!

表向きは採血の痕にしておいて、実際は超小型の発信機を埋め込んでいたんですね。

ただし、分かるのはどこに人間がいるかだけ、具体的に誰なのかまでは判別不可能、なので誰がどこにいるのかはいちいち確認をしないといけません。

ですが壊すのは×。

確実にイザベラのもとに通知が届くでしょう。

なのでこれは壊せません。

そしてダミーも×。

ダミーをどこかに放置した日にゃ一番怪しまれます。

夜でも変な場所に人物がいたなら不自然きわまりありません。

発信機がない子どもを探し回られてしまい、それこそ見つかり次第即出荷です。

なので発信機は最後の最後までいじくれません。

さらに怖いのは鬼ごっこのあと、イザベラもクローネもピタリと誰も動きを止めてしまったってことですね。

動きが止まったときは危険ですよ、嵐の前の静けさとかいうやつです。

イザベラとクローネが内通者を仕込んだと推測してますが、もし本当にいるとしたならばその内通者は意外と近いところにいそう。

身内の割と上層部に近いポジションに内通者がいるなんてこの手の脱走劇においてはまさに王道的な展開ですからね。

さあ大人たちは誰を誘って、内通者役にしたのかな・・・?

疑心暗鬼、だれも信用できなくなってきたタイムのはじまりだよ・・・

ところで、あそこで鬼ごっこはやった意味があったのだろうか・・・?

まあ他の子たちにどれほどの身体能力があるのかを知りたいというのもあるでしょうし、クローネが心理的にも体力的にも子どもたちより数段優れている、子どもたちの逃げ方や動き方は全てお見通し、なので素直に戦うと絶対に歯が立たないということがわかったので結果オーライと言ったところでしょうかね。

約束のネバーランド記事一覧

約束のネバーランドの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

2019年冬アニメ記事一覧

2019年冬アニメの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

created by Rinker
¥10,280 (2019/04/26 19:43:27時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥9,707 (2019/04/26 19:43:28時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥9,707 (2019/04/26 20:29:59時点 Amazon調べ-詳細)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。