【約束のネバーランド】第5話感想:さあ、心理戦のはじまりだよ

スポンサーリンク

約束のネバーランド第5話「301045」が放映、配信されました!

とあるタイミングを境にいきなりイザベラやクローネの動きがおとなしくなったことから、内通者がいるのではないかと読んだノーマンたち、調べていくと、とんでもない事実が分かりました。

なんとずっと横にいたレイが内通者だというのです。

さあ第5話はどう動くのか見ていくよ!

 

スポンサーリンク

第5話あらすじ

内通者がレイであることを突き止めたノーマンは、二重スパイになるよう提案する。レイは脱獄の準備をするために自ら志願して内通者になったことを明かし、全員での脱獄を諦めること、そのためにエマを騙すことを協力の条件とする。
翌日、レイが内通者だったことを知り、改めて全員での脱獄を決意するエマ。そしてイザベラの隠し部屋を見つけたことを報告するが、ドンとギルダはエマ達には告げずその部屋に侵入しようとする。

約束のネバーランドアニメ公式サイトより~

レイ、ノーマン、イザベラの思惑が交差する

いよいよハラハラする展開の幕が開きましたね。

レイがママことイザベラとの内通者だったわけですが、なぜ内通者になったかというと、エマとノーマンとともに脱出をはかるためだったというんですから。

だからレイは情報をイザベラ側に漏らすかわりに、ごほうびを得ていた、と。

敵の情報を知るために、スパイ役を買って出て敵のふところに自ら潜り込む人間なんていないですよ、いやこれは鋭い決断をしたな・・・

ああ、これがテストでフルスコアを取り続けている子の思考回路なのか・・・

イザベラをもうまく使い、双方の動きを制御する、これ、やっぱりレイはノーマンたちが計画している脱出の決行日をも伝えるんだろうな・・・

ごほうびはどれもガラクタとのことでしたが、ガラクタもうまく使うと脱出に有利に働きますよ・・・

ここで気になるのは、イザベラはなんでガラクタを与えたんでしょうね。

子どもたちが何に使うか、わからないというのに。

ただのガラクタ、壊れたもので不要、ただの遊び道具にしか使わないだろうと判断したんでしょうが、イザベラも当然ガラクタをレイに与えるメリットがあるから与えているんですよ。

ただ、イザベラも本部にガッチガチに管理されている関係ですから、ガラクタを与えていることが分かると大問題になってしまうのは確かなんですが。

このへんはナイショにしているのではないかな?

報酬を与えてレイとの関係を維持するのと別に、この2人にはまたなにか特殊な関係があるのではないのか?

ノーマンはレイに二重スパイをもちかけるんですが、飲む条件として、脱出は年長者だけにすることと、エマに嘘を付くことを提案してきます。

レイはずっと現実的に考えて、足手まといにしかならない年少車も含めた全員の脱出はムリだと言ってきた人物なんですが、ここにきてエマへの脱出の最後の最後での裏切りをも指示してきましたか。

これはノーマン、どうする気だ、ここは飲んだふりをして、実はレイをだますことにするのか、現実的に考えるとそれしかできることはないはずだが・・・

いやしかし心理戦がものすごく複雑な様相になってきましたね。

ノーマンはイザベラとレイの2人と心理戦を戦わないといけないんですから。

イザベラの元へはいずれレイ経由で情報が行き渡るのは分かっていても自分からは脱出します、こういう計画ですとは絶対に言えないノーマン。

言ったら今度は本当に即出荷ですよ。

こわいこわい、ノーマンもこう考えると、イザベラに飼い殺しにされているよ・・・

なんだいこのハラハラな展開は!

結末が気になりますね・・・

イザベラの隠し部屋を見つけた!

最後はイザベラの隠し部屋の存在ですね。

以前のエピソードで、イザベラは本部と通信をしていた部屋があることが示唆されていましたが、いよいよその部屋のありかが明らかになりました。

そうか、それでエマは歩数で確かめていたんですね、部屋の広さと廊下の長さがそれぞれ違う、具体的には廊下の長さが明らかに長いことに違和感を感じたから。

確かめた結果ここではないかと推測したのは、その書斎部屋の奥に空間があるのではないかということ。

ただこの事実を知ったドンとギルダはもうちょっと落ち着いたほうがいい、安易にその部屋に行こうとすると、発信機で居場所が把握できているイザベラが必ず飛んで帰ってくるんだから。

しかもその部屋の扉、イザベラは安易に開けられるようにはしない、もちろんカギがかかってるにきまっているじゃありませんか。

これ、入ってきたのがイザベラだったとして、ごまかしはきくのか?

もう扉の存在を知ってしまっているし、できるとしたら、さっき動かした書棚を急いで元の場所に戻して、この部屋にある本を見に来たくらいしか言えそうなことはないぞ。

それにしても最後ドギマギさせますねえ、誰が部屋に入ってくるんでしょうね。

この一人称視点の緊迫した描写で来週もこのエピソードが気になる!感が伝わってきます。

さあ部屋に入ってくるのはイザベラか、青鬼か、違う誰かか。

そういえば、今回クローネが一度も登場してきませんでしたね。

クローネあたりもこの農場の秘密を探りに来ていそうなんですが・・・

大きい声でしゃべっているのは、あれは本当はみんな内緒話でしゃべっていて、それだと視聴者には聞き取りづらいからテレビやパソコンのスピーカーから再生されるときに大きい声にブーストされると考えておいてください。

あんな大きい声でしゃべろうもんならレイがいなくとも明らかにイザベラやクローネに脱出計画のすべてが筒抜けなんですから。

約束のネバーランド記事一覧

約束のネバーランドの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

2019年冬アニメ記事一覧

2019年冬アニメの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

created by Rinker
¥10,280 (2019/04/21 13:09:35時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥9,709 (2019/04/21 13:09:36時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥9,707 (2019/04/21 13:09:36時点 Amazon調べ-詳細)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。