ヤマノススメサードシーズン第4話「クラスメイトと遊ぼう」視聴!

広告




ヤマノススメサードシーズンの第4話「クラスメイトと遊ぼう!」が放映、配信されています。

今回は山とはちょっと離れた、あおいとまわりの人々のお話。

それでは第4話を見ていきましょう。

今回をひとことで言うと、人見知りでなかなかクラスになじめず友達が作れないひなたに新しく同じクラスの友達ができるよ!ってな回。

雑談力の高いキャラが多くておいちゃん嬉しいよ・・・

まさかのJKが「西武」の試合の話ですよ??

こんな野球観戦が趣味のJKがいたらぜひお近づきになりたいですね。

JKで野球観戦とか渋いな・・・

シーズン中何回かやってる県営大宮球場のゲームなんて実際に見に行ってそうですもんね。

あおいはその話に参加できずに帰ってきてしまう・・・

おいやめろ

主人公が陰キャってことで何かと比較されがちなわたモテでもそんなシーンなかったぞ・・・

マフラーを「マフリャー」名古屋かな?じゃねえよww

名古屋人でもエビフリャーなんて言わねえよな?

(あれはタモリが言ったネタらしい、またタモリか)

一人で編み物をしていると話しかけてきた一人の女の子。

主人公のことを話しかけなくても実は遠くから見ていたキャラ・・・ああ、もしかして、ネモかな??

ああ、わたモテに毒されている・・・

みおの会話の広げ方のうまさに感謝。

後半は放課後クラスメイトとカラオケに。

最初は歌えないから逃げ道ばかり考えていたあおい、いざ歌おうと岳人の歌を入れようとするもどんな反応になるのか困っていたら何も言わずともその曲を選んで歌ってくれたひなた。

さすが心の友、ナイスアシスト!

あんまり重く考える必要がないとわかりあおいが選んだ曲は・・・夏色プレゼント!!

これは私はリアルタイムでは見ていないセカンドシーズンのオープニングテーマですね。

歌い出し超おどおどしてたから心配でしたがよかった、みんな知ってた!!

ゆりがデュエットをしてくれたおかげであおいにもクラスの友達がさらに増えました。

ありがとう!みんな!!

広告




コミュ障にカラオケはきついべ

いやいや、人見知りの女の子に初手カラオケはきついべ。

もうね、陰キャラになるとカラオケはどうしてもいろいろ考えてしまうわけですよ。

だれも知らないような選曲でドン引きされないかとか歌でドン引きされないかとか、最新の曲全然知らねえよとか・・・

昔飲み会でカラオケに行った時、誰も知らないって年齢の人ばかりだったのにチェキッ娘の抱きしめてって曲を歌ったのは私です。

コレ歌ってーってわが名は小学生をリクエストされたときは死ぬかと思いましたね。

あの曲なにがむずいって、BPMが55、110、220の3つあるところですね。

太鼓の達人じゃ難易度おにレベルですよ。

おいニコニコのコメント、よし、ここでじゃねえよwww

(デンモクで力士を殴ったあの事件を連想させるか)

みんなが行ったカラオケボックス、機材はLIVE DAMの模様。

最近JOYSOUNDのところしか行ってねえなあ・・・

小手指になにがあった?

あおいの「みんなはどこに行ってるの?」の質問の答えとして出てきた場所は所沢と小手指(こてさし)と池袋でした。

池袋は埼玉の植民地だからいいとして、所沢は分かるんですよ、そこそこ開けた街ですから。

でも、小手指には何があるというんだい??

所沢の方からやってきて、小手指で折り返していく電車なら大量にいますが・・・

小手指ヶ原古戦場??

それとも、西武池袋線の車庫??

今や西武だけじゃなく東急、メトロからもいろんな車両が来ますからね。

それだったら、飯能のお隣日高市に西武の車両を検査、修理する工場があるのに。

入間市ならアウトレットモールがあるからまだ分からなくはないんですが・・・

※小手指にはなにもないですが、名前の由来はなんとヤマトタケルノミコトの東征伝説という説もあるなかなかに由緒正しきものだったりします。

飯能と江戸の水運の話

さいごは社会のお勉強。

作中、授業でもチラッと出てきたんですが江戸時代は人々が年貢として納めたコメや野菜といった食物、あとは建物を建てるのに必要な木材は海や川を使って運ぶ、水運が非常に発達した時代でした。

飛行機鉄道やトラックがない時代は物資を運ぶ手段は船かあとは馬牛しかなかったんですね。

で、関東地方にも川はいっぱい流れてますから、水運にはもってこいですよね。

(大きいかわはたびたび氾濫するんで向かず、そこそこ小さい川を使うことが多いです)

飯能を含め高麗(こま)や越生(おごせ)のあたりは土地柄スギやヒノキの木材の育成に非常に適していた環境がそろっていて江戸や川が全て近い場所にあることから林業で栄え、江戸時代には高麗川や入間川、越辺川(おっぺがわ)を使って運んだこれら木材は江戸の西にある川からやってくるため西川材と呼ばれるように。

大きな火事が多かった江戸時代や関東大震災、東京大空襲、伊勢湾台風と災害が起きるたびにできばえが上質な西川材はほんとうに重宝されました。

今では木材は海外から安く大量に輸入しているんですが、狭山とか飯能あたりではいまでも西川材を使った家を建てる工務店があったり、家具として加工されたりすることもあるようです。

なぜわたモテのコメントが!?

なぜか今回、ヤマノススメだってのに「わたモテ」のコメントがニコニコ動画で少数ながらありました。

それ、陰キャで友達が少ないだけで一つ覚えのように「もこっち」って呼んでないか??

たしかに初期のもこっちは友達が片手で数えるほどしかいませんでしたけどね。

「なぜ笑うんだい?」はつい最近公開されたわたモテの原作で実際にとある人物が言ってたセリフだろwww

もこっちは確かにみんなに注目してもらいたくて痛々しい言動をするキャラでしたが、その矢印の向きを外側に変えたら次第にみんなから注目されるようになった、実は1巻の時点ですでに陽キャになるポテンシャル自体はあったので比較のしようがないんですが・・・

ヤマノススメサードシーズン記事一覧

 AnMaGa
AnMaGa
https://summertime-24.info/yamanosusume3rd
アニメ、マンガの感想や紹介、ゲームのレビューや感想を書くブログです。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。