ヤマノススメサードシーズン第12話「ともだち」視聴!あおいとひなたは絶対ババ抜きした

広 告

ヤマノススメサードシーズン第12話「ともだち」が放映、配信されました!

あおいとひなたはグンマーの一件から仲違い中。

関係修復もままならないなか、あおい、ひなた、ここなちゃん、かえでさんは奥秩父の名山、瑞牆山(みずがきやま)に登山。

ひなたが登山中、あおいの提案に反して勝手に動いたことから岩から変に飛び降りてしまいひざを痛めたところで終わった前回。

さあどうする、どうなる?

行くよ!!

広 告

あおいとひなた、絶対ヤッたろこれ

富士見平小屋でテントを張り一泊したあおいたち4人。

いざ金峰山へ!!

でもひなた、ひざの痛みを未だに隠していました。

頻繁にひざのアップが描かれているんですが、それだけ前日の瑞牆山登山中に受けたひざの爆弾は大きくなってしまっているようです。

富士見平小屋から金峰山、登山すること4時間くらいかかるのに、登りきれるわけないんじゃないのかい?ってな話ですよ。

なんすか、険しい表情で登ってるひなたの後ろであおい、かえでさん、ここなちゃんがならんで談笑しているこの画。

今の登山の状況を明確に表してますね。

あおい、かえでさんはともかくとして赤城山を登っても呼吸が乱れていなかったここなちゃんに至っては余裕なのではなかろうか。

ひなたさんは・・・ひざをかばうような歩き方をしてましたね・・・

ムリして登っているんですが、それはそれはもう心配ですよ。

だからあなた、健全アピールするためにそんなところで飛び降りないの!!

そしてムキにならないの!!

明らかに後ろから見たらヤバいのがバレバレですよ!!

ひざの爆弾がやばいことになってるの、あなた自分でも分かっているでしょう?

となぜひなたは危険を犯してまで登山を続けるのかと言うと・・・

その後一大イベントがあるからでした!

かえでさんとここなちゃんは登山を継続して・・・二人きりになったところでようやくひなたの心情吐露ですよ。

ひなたを「あんた」呼ばわりするあおいなんてはじめて見ました。

ひざを炒めたその裏では自分のアドバイスに反発してひなたが身勝手なことやりやがってましたので、相当いろいろ溜まってたのがわかります。

登山食おなじみのようかんからはじまるひなたの心情吐露。

クッソ、ひなたがかわいいじゃないか!!

数話前からずっとあおいがあおいがあおいが私に振り向いてくれない~でしたからね。

そんでもってなに、自分の想定するあおい像とは裏腹に、自分がいなくてもほのかちゃんや別な子と楽しんでいたのが悔しいと言うかなんていうか気に入らなかったわけでしょ?

対してあおいは全く気にしていなかった・・・ああ、これはひなたがひとり焦ってしまったパティーンですか。

私だけを見てろとか重いよお・・・

これは確実にひなたはカップルで言う彼女の側ですよね。

男が知らない間に別の女性と楽しく過ごしていたのが嫌だとかねえ、ああ、付き合いたてのカップルあるあるですね。

クソッタレが!

グンマーから続いたあおひなの関係悪化~修復までに5話もかけやがって!

(原作だともっとあっさり解決してるので一連のドラマの大半はアニメオリジナル脚本)

ちなみにこの文章は若干ニヤつきながら書いてます。

指摘をするとするなら・・・ひなたからの謝罪が「ごめん」の一言とあっさりすぎる点ですかね。

えええええ、5話かけて決着は「ごめん」の一言だけっすか。

それで許せるあおい、なんていい子!

これは絶対登山終わったらメシ一回おごってもらわないと、ねえ。

実は言葉だけでは済まされないのでは?あおいも。

これあれでしょ?同人誌ではその後あおいは家に帰らずに、そのまま朝チュンでしょ??

何をしたかって・・・?

そりゃねえ・・・言えないことをしたに決まっているではありませんか。

ババ抜きですよ!!

登山前にここなちゃんとババ抜きしてまーた違う女とババ抜きですか!

これは冬コミの3日目、薄い本が厚くなるわ・・・

とまあようやく仲違いが解消できました!

5話かけてオリジナルの展開での痴話喧嘩やりやがって!

登山ものの作品らしく、山がきっかけで起きた人間関係のいざこざを山が解決する・・・

展開的にはほかのテーマもの(料理とか格闘とか)でも散々やりつくした王道的なものではありますが、この2人、やっとこ通じ合えました!!

これで来週の最終話、安心してみてられます。

実はここ数話の関係、危なっかしくて見てられないシーンだらけでしたので飛ばし飛ばしで見てました。

スープがうまそうなんですがそれは

順番は前後するんですが、序盤、あおいとここなちゃんはなにやらスープを作ってましたね。

ちょっとそのスープ、いいにおいが漂ってきましたからこっちでもみんなで作ろう!

最後にツナ缶を入れるのがここなちゃんらしいというかなんていうか。

オリーブオイルににんにくで香りをつけて、あとはトマトケチャップに水とクリーム、あとは具材を仕込んで煮る、と。

で、仕上げはバジルですね。

まさか、わざわざトングも持参ですか?

その後テントで眠るときの発言にまーた意味深なものがありましたね。

あおい「(かえでさんは)ひなたより寝相が悪い」

ああ、やっぱりひなたとあおいはいっしょに寝たことがある、と。

もうババ抜きは経験済みだ、と。

これはメモしておきましょう。

それは自宅でですか?それとも、テントでですか??

あ、私はほのかちゃんとテント泊したいです!

カメラを教えてほしいれす^q^

4人が登った金峰山とは

4人が登った金峰山についても紹介しておきましょう。

金峰山があるのは瑞牆山(みずがきやま)と同じく奥秩父で、標高は2599m。

ここまでくると今度は山梨県と長野県の県境が通るようになります。

そう、奥秩父は埼玉と山梨と長野の県境が集まっている場所にあるんですね。

意外に思えるかもしれませんが、埼玉と長野は短い距離ながらも隣接しているんですよみなさん。

瑞牆山と金峰山はどちらも日本百名山に数えられていますからセットで登る登山趣味者が多く、インターネットを検索すると富士見平にテントを張って1泊2日の工程で登ったブログや個人サイトが多数ヒットしました。

それだけ奥秩父の名峰めぐりは趣味者の間では知られているようですね。

本編中でガヤの声も再現されるほど休日になると多数の登山者のテントの群れができて賑わってます。

富士見平小屋の食事メニューが充実していてうまそうなんですが。

HPには書いてないですが、土日限定で数量限定の中華丼とか牛カルビ丼なんてのも並んでます。

鹿肉ホットドッグなんて生きているあいだ、めったに食えないですよ。

これはちおちゃんの通学路にも出てきた、ジビエ(野生鳥獣)の肉ですね。

(実は鹿肉は信州名物、昔からの風習&増えすぎてしまって駆除して適切に処理したケモノの肉です)

そして森林限界なる言葉も出てきたんですが、これは背の高い樹木が生育できる高さの限界ってことです。

線上に出ることが多く、この限界を超えると森林にならない=岩肌が見えるようになります。

さあ、ヤマノススメサードシーズンも次週で最終話!

最後までお付き合いいたします!

ヤマノススメサードシーズン記事一覧

 AnMaGa
AnMaGa
https://summertime-24.info/yamanosusume3rd
アニメ、マンガの感想や紹介、ゲームのレビューや感想を書くブログです。
広 告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。