【ゾンビランドサガ】第7話感想:雷に打たれてパワーアップ、指からビームを出すアイドル

ゾンビランドサガ第7話「けれどゾンビメンタルSAGA」が放映、配信されましたので感想を書いていきます。

ゾンビになった主人公ほかメンバーが佐賀県を救う、単純な地方ローカルアイドルものを扱った作品かと思ったらなんとゾンビ設定を使い、昭和のアイドル像と平成のアイドル像の違いなるところまで取り上げる社会派なことがわかった前回。

そして、佐賀県で一番大きいロックイベント、サガロックに出演することが決まったフランシュシュ。

そのイベントにはかつてメンバーの1人が生前在籍していたビッグアイドルユニットも出演!

さあどうなっちゃうの!?!?

純子ちゃんと愛ちゃん回、後編だよ!

今回は純子ちゃんと愛ちゃん回の後編ともいえるエピソード。

芸能活動歴がある純子ちゃんと愛ちゃんはそれぞれ苦しみをかかえていました。

純子ちゃんは昭和の握手会なんてなかった時代に活動していたアイドル、なのでかつての昭和のアイドル像といまの平成のアイドル像が全く違うことに苦しみ、愛ちゃんはコンサート中に直撃して死因となった雷がトラウマという苦しみですね。

この2つをどうやって解決させていったかが描かれたのが今回ですね。

まずは純子ちゃん。

昭和アイドルのトップとしてどうやってもアイドル像が身近になった平成アイドルのような活動はできないと悩むんですが、解決方法はそう、そんな昭和アイドルらしさを逆に売りにしろというもの。

平成の無個性アイドルが多数はびこっている昨今、逆に昭和アイドルらしさをその個性、キャラクターにしたほうが売れると踏んだ巽幸太郎。

握手会も出たくないなら断れ!と言われました。

イベントには参加するけど握手会には出ないアイドルとしてキャラクター付けする公算ですね。

ただし、今ここでフランシュシュを離脱しても個人での活動は難しい売り方になるから別のメンバーによるサポートが必要だという形でグループでの活動を選択させることに成功。

最後は純子ちゃん、立ち上がりを演出するために幸太郎が運転する車にはねられたんですが、いや、すぐそこに車にはねられて死んださくらがいるんですが・・・

デジャブには感じたもののきっと直後にあるビッグイベントの方に意識が集中していて、純子ちゃんが車にはねられても記憶のフラッシュバックのような反応が一切できなかったんでしょう。

次は愛ちゃん。

雷トラウマの解決方法が・・・メンバー全員に雷直撃とかいうあらあらさ!!

これで舞台装置や音響設備は歌声が歪む(というか歌声が歪むダメージで済んだんだ)ほどに使い物にならなくなったわけですが、ゾンビなる無敵な環境を手にしているフランシュシュの面々、誰も死なない!!(すでに死んでるのはおいといて)

多少荒っぽいながらも仲間の力により愛ちゃんの雷を克服させる、そんな演出を持ってきたのか制作陣・・・

しかもその後のフランシュシュの面々、オーラのようなものを全員身にまとい、倒したけどなおよみがえりパワーアップするRPGでいうラスボス第2段階みたくなってましたからね。

照明の力で明るく照らされていたのが、自ら発光してますよ!

なるほど、雷で強くなるグループだったのか・・・

いやいやいやいや人間ではできない演出をさせてくるとは予想外だった・・・

初の大型イベント出演を伝説にしちゃったよ!

スポンサーリンク

サガロック出演・・・雨だけど大丈夫だったのか!?

サガロックに出演するフランシュシュの面々。

とそこになんと雨が!!

愛ちゃんのトラウマを克服する演出として取り入れられた雷雨なんですが、いやいや、水はまずいんじゃなかったのか!?

踊っている最中に汗とダンスの効果で特殊メイクが落ちますよ!!

これでゾンビバレなんてしたら・・・雷の克服やダンスの成功よりも私はそちらのほうばっかり考えていました。

水物は天敵ではなかったのか!?とくにメイク的な意味で!

って、雨じゃ落ちないのかよあの特殊メイク!

どろんこになってメンバー全員が水浴びしたときは全部落ちてパーツのつぎつぎがはっきりと見えたのに!!

どうやら幸太郎の特殊メイクは営業用で耐水性がほとんどないものとライブ、コンサート用に耐水性がバッチリなものの2種類が用意されるようで。

フランシュシュとアイアンフリルの接触シーンは一切なし!

あ、フランシュシュとアイアンフリルは待ち時間に接触すると思っていたら、その描写一切なしなのかよ!

もし本編外で接触したとしたら、どうやって愛ちゃんのことをごまかしたんだろう・・・

一番考えられるのは・・・昨今はアイドルユニットのメンバーの入れ替わりも激しいですし、「愛ちゃんが所属していた時代のメンバーは全員卒業してる」ということですかね。

あとはこの日のアイアンフリルのスケジュールが詰まっていて、サガロックは合間を縫って出演するとんぼ返りのようなスケジュールになっているとか・・・?

それでもメンバーではなく事務所の面々は愛ちゃんの存在が分かると思うんですが、メンバーの入れ替わりが激しくて昔のメンバーのことなど覚えていない薄情くんということでそっとしておきましょう。

愛ちゃんがいた時のメンバー、全員アラサーでしょうし今作画されているメンバーはそれよりも若いようにも見えましたしね。

じゃあアイアンフリルのファンは・・・?

やはりメンバーの入れ替わりとともにファンも入れ替わり、愛ちゃんの死亡とともに当時のファンは皆離れていったことにしておきましょう。

ここまで活動規模が大きくなると心配なのは・・・ゾンビバレ!

さあ、全国で活動するロックバンドやアイドルが出演するサガロックなるイベントで成功をおさめたフランシュシュの面々。

ローカル雑誌には2ページにわたり特集記事が書かれ、フランシュシュの知名度は大きく上がることになりました。

ここまで活動規模が大きくなると・・・やはり目につくのはゴシップ狙いの芸能レポーターですね。

5話の終わり頃から目立った動きはないものの、実はとあるメンバーの存在に気づき、一人の男に目を付けられているフランシュシュ。

その男は今回のサガロックでも舞台脇のプレス席にいるので報道関係者なのは間違いないです。

この男がどう動くかですよね。

なんかグループの存在自体を脅かすでかい爆弾を絨毯爆撃のように落としてきそうで怪しいんですよね・・・

この男の動きにも注目しつつ来週も楽しみにしております!

ゾンビランドサガ記事一覧

ゾンビランドサガの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

1話~6話アイキャッチ聖地まとめ

7話~12話アイキャッチ聖地まとめ

2018年秋アニメ記事一覧

2018年秋アニメの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

スポンサーリンク

私がおすすめする記事(広告あり)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする