【感想】ゾンビランドサガ第2話:聞き覚えのあるOPだ・・・

広 告

宮野の演技がぶっ飛んでることで話題のゾンビランドサガ、第2話の「I♡HIP HOP SAGA」が放映、配信されましたので感想を書いていきます!

1話目のしょっぱなから勢いよく走ってきた軽トラにはねられて主人公が命を落とす名シーンが生まれる、その破天荒さで視聴を決定したわけですが、もはやこのノリはいつまで続くのかといった不安感もあります。

それでは第2話を見るよ!

広 告

なんか昔どこかで聴いたことがあるOP・・・

この作品のOP、雰囲気的に昔どこかで聴いたことがあるんですよね。

スピード感のあるBPM、イントロの入り方と展開、Aメロの入り方、サビの入り方・・・

そう、思い出しました、ネギま!?のOP、1000%SPARKINGですよ!

(画伯↓↓の動画の作品に出てたんだ・・・)

これはアニメ視聴歴が長い方であれば共感してくれる人いっぱいいるはず!

いや懐かしいな・・・私がちょうど深夜アニメをみはじめるようになる前後にやっていた作品ですよ。(ネギま二期目は夕方放映だったけど)

これでOPのメンバーが毎話入れ替わったら完全にネギまですね!

宮野が全てを引っ張っているアニメ

やっぱり1話に引き続き、宮野が宮野宮野してますよね。

今のところはこのインパクトと勢いのある演技がアイドルの方向性やら視聴者のノリやら全てを引っ張っているわけですが、今後も宮野だけが引っ張っていてはすぐにネタ切れになります。

それではわたしらもみなさんも活動していく上で非常に困ります。

ということで今在籍している8人のゾンビメンバーの個性も引き出していかないといけないですね。

設定を見る限り高いヤンキー、元アイドル、おいらん、子役とアイドル活動するための高いポテンシャルは持っているはずですから。

アイドルがラップバトルするアニメ

やはり第2話のインパクトは宮野の演技もさることながらこの後半のライブシーンで全て持っていかれましたね。

佐賀城でのライブ中、メンバーの1人の首を飛ばして壁に叩きつけてイリュージョン!でお茶を濁したかとおもったら突然ラップバトルが始まったんですからね。

あそこでラップバトルをおっぱじめられるとは、即応性とアドリブ力が極めて高いなさくら。

デスメタルライブがまだ序の口だったとは。

まあ伏線はありましたよね、夜の商店街でナンパしてきた男がラッパーだったってなシーン。

あの男たちの立ち回り方をヒントにしたようで。

(男たちが乗ってたbB、あれオーディオの装備が非常に充実しているようですね)

1話のデスメタルに続きアイドルものでラップバトルする異色な作品は・・・今まで出てこなかったはず。

今まで世に生まれた作品、みんな正統派アイドルの姿をひたすら描いていますのでこのシーンはもはや異色の存在ですね。

むしろこの世の中、そんな正統派な作品や、グループが多数乱立しているからこそのラップバトルあり、イリュージョンあり、ゾンビありの歪みに歪みまくったアイドルが誕生したといってもいいですね。

ラップでバトルするといえば・・・テレ朝で深夜やってますね、「フリースタイルダンジョン」って番組!

毎回ラッパーたちがモンスターと呼ばれるチャンピオン(ラッパーの強豪たち)と戦い、審査員による投票でラップの優劣を競い、強豪に勝てば賞金がもらえるよ!ってなそんな番組。

ものすごーいニッチな範囲の需要しかなさそうなんですがこの番組なんと地上波で火曜深夜にやってます。

はたらく重機が出るアニメ

レッスン中や部屋でメンバーの一人が熱心に呼んでいた本・・・表紙をなんとなく見たら「はたらく重機!?」

まさか、某作品のパロディー・・・?

オープニングはアイツでしょ?

今日も運ぶよ残土残土♪とか、今日も吊り上げ鉄骨鉄骨♪とか、そんな歌が今にも聞こえてきそうなアイツですよね?

ちょっとクスっときたシーンでした。

ゾンビなのがバレたら今度はゾンビ設定で売り出せばいいアニメ

作中、ゾンビがバレたらソンビ映画のようにむごい殺され方をするからゾンビバレするなと忠告のようなことを受けましたが、実際にゾンビがバレたら今度は逆に「ゾンビ」の素顔をメイクと称したキャラ設定にして活動すればよろしいのではなかろうか。

「そう、私達は、実は人間に扮したゾンビだったんだよ!」

「Ω ΩΩな、なんだって~!」

特殊メイクを外すとちゃんとした人間だった!みたいな。

・・・と書いてみたものの、いきなり見た目だけは正統派アイドルを装っていたグループがある時を境にゾンビ設定になるのはいかにもすぎて子供だましにしかすぎませんか・・・

あと、佐賀とゾンビは・・・まったくつながり、とっかかりがないですね。

佐賀の人口がわからないアニメ

宮野が演じるプロデューサーの巽幸太郎、佐賀の人口は?と聞かれ・・・「少なめ」としか答えられず!

ということで佐賀の人口を佐賀県のホームページで調べてきました!

佐賀の人口、2018年9月現在だと・・・約82万人!

なかでも福岡、博多に近い鳥栖市では交通アクセスの改善により人口がじわじわと増加しているんですが、それ以外の地域では絶賛少子化により減少中・・・

やはり九州新幹線と高速のインターチェンジが両方ある地域は強いですね。

あとはサガン鳥栖がJ1で6年間定着している、これも人口増加に一役買っているようです。

(私の地元大宮アルディージャはJ1とJ2行ったり来たりしてますからね)

CGまで入ってきたアニメ

やべえよ、次回予告を見た限りではキャラの所作にいよいよCGが入ってきてるよ・・・

ゲリラライブの場所は唐津駅の北口。

サブタイトル的にアイドルがDead Or Aliveのこの代表曲を歌ったら面白そうなんですが。

若い女性アイドルが平成も終わろうとしている時代になんか昔なつかしハイエナジーのナンバー歌ってるよ!っていうインパクト的に。

こっちの曲でもいいですよ?

とまあ第2話を見てきたわけですが、今回のほうがずっと中身が濃いなこれ。

既存のアイドル像をぶっ潰すような、そんな作風になる感じですかね。

今回は高クオリティのラップを即興でできるさくらのアドリブ力に助けられたライブとなりましたが、これがなにかと敵対視していたサキの心をバッチリつかんでしまうとは。

あそこで交通事故に遭わなかったら歌だけでなくラップもデスメタルもできるメンバーとして早い段階でトップの1人として大成しそう。

そしてヤンキー=ラップ好きってのはもはや二次元ではお約束のようで。

(つい最近のわたモテでもヤンキーがラップ好きだと思われている描写があった)

それでは第3話楽しみにしております!

最後に・・・HIP HOP SAGAのサブタイトルでHIP HOP SHITを連想したやつ、私のところに来てください!

ゾンビランドサガ記事一覧

 AnMaGa
AnMaGa
https://summertime-24.info/zombieland
アニメ、マンガの感想や紹介、ゲームのレビューや感想を書くブログです。
広 告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。