BanG Dream! 3rd Season第5話感想:RASに刺激されてポピパもMV制作

2020年冬アニメ




BanG Dream! 3rd Season第5話「ポピブイ!」感想

第5話感想

六花がRock名義で正式加入したRASの新曲MVは周囲に大きな影響を及ぼしていて、それに影響を受けたポピパもMVを作っていくんだけど、制作途中の映像では曲の雰囲気に全く似合わいものが撮れてしまいどうもしっくりこない。

それでも自分たちを映像で表現したいポピパの面々は過去のイベントでの素材も流用しつつ動画の撮影と編集にいそしみ、ようやく完成し、動画投稿サイトに投稿、全世界がそのポピパのMVの日の目を見ることになった。

一方でRASのシュシュはRoseliaに同じ予選に出ろと戦いを挑んでいくのであった・・・

完成したMVも放映されたんですが、こちらはコンピューターを駆使した予算無尽蔵なCGモリモリでサイバーチックだったRASの映像とは違い、いま私たち5人、思いっきりバンドで青春送ってます!的なイモっぽい内容に仕上がっていてこれはこれでよかったね。

数分の動画を1分たらずの超高速でアップロードできていいなあ、どれだけ高速回線でインターネットをしているのか、動画自体の解像度はどうなっているのかはわかりませんが、私がYoutubeに一つ8分くらいの花火の動画をアップロードしたとき、WiMAX回線だったのと4K解像度の30fpsでサイズが4GBくらいあるせいか半日かかりましたからね。

シュシュはド直球でRoseliaつぶしの勝負を挑んできたな、その勝負にRoseliaも即答で乗るスポ根、嫌いじゃないですよ。

3週間ほど遅れての第5話ということもあり、いよいよこちらもエピソードは本番突入ですね。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました