宝石商リチャード氏の謎鑑定第8話感想:谷本さんがお見合い!

2020年冬アニメ




宝石商リチャード氏の謎鑑定第8話「天使のアクアマリン」感想

第8話あらすじ

正義の思い人、谷本さんがお見合いをすることになった、この世の終わりの顔をしていた正義がふと見かけたのは、そのお見合い相手はなんと穂村さんなことだった。

谷本さんと穂村さんは実は親が知人同士で、お見合いに当たってお互いの両親がノリノリだから実現したことがわかった。

その夜、正義は谷本さんが自分の目の前で他の男性と結婚する悪夢を見てしまった。

後日話す機会があり、そこで男の人と付き合うことがどう言うことなのか、恋愛としての好きはどういう感情なのかはわからないけれど、周りに「恋愛はしません」と言いたいから結婚はしたいという谷本さん。

その言葉をすべて受け入れてお見合いを見守ることにした正義はリチャードからアホと言われるも、一方で見栄も恥じらいも何もかも捨てて、感情の赴くままにおせっかいを発揮して、相手に明るい未来を導けとアクアマリンを渡し、いま谷本さんがデートをしている国立科学博物館へと向かわせた。

正義は谷本さんのいる場所へと急行し、穂村さんにアクアマリンを渡し、「結婚しないでほしい・・・」と不器用ながらも自分の思いを告げていく。

谷本さんはその想いを受け、うまくいかないときにいい人のふりをすることがあることや、自己満足で逃げるための結婚はできないことを吐露し、穂村さんとのお見合いを断ることにした。

一方で正義は穂村からリチャードのことについての話を聞くことになった、リチャードはこの日、店を閉めてどこかへと姿を消してしまってのであった。

第8話感想

急展開すぎてびっくりしたよ、とくに最後、リチャードは穂村さんには言ってるけれど正義には内緒で店を閉めた、もしかして、どこかに高飛びしたのか?

その話はおいおいるとして、今回の正義は谷本さんにまっすぐに自分の思いを伝え、谷本さんの恋愛、結婚感を否定しないクッソイケメンっぷりが見られました。

どうにも恋愛絡みとなると私の雑念が入って嫌ですね。

しかし今回わかったのは、大変申し訳ないけれど正義は谷本さんルートに入ることはこれでなくなってしまったことかな。

なぜか、おたがい向かい合っていたとして、どちらも右or左を向いている、つまりはふたりはぶつかることはない、すれ違っているからですね。

そういえば、谷本さん、正義の「結婚しないでくれ」に対する答えは言ってるけれど、正義が本当にほしい答えは言ってないんだよな、なぜなら、正義はそのほしい答えに導く言葉を言っていないから。

でも今の谷本さんはそのほしい答えをいうことはないかな。

そもそも男の人と付き合うことがどう言うことかわからないなんて恋愛感情がある人にはまず言わない、むしろ恋愛感情がある人のことはすみからすみまで欲しい、大事な二文字を言ってほしい雰囲気にさせてくるはずですがそんな雰囲気にはなってない。

正義のことは私のような見せかけの正義ではなく本当の正義の味方として、人間としては好きなんだけどそれは恋愛の意味での好きではない。

恋愛関係になるためには正義は実は正義の味方を貫いてしまってはダメだった、むしろワルの一面も見せる必要があった、といってもDQNのことではないですよ。

私に片想いしていたという3~4人の女性に聞いてみたい、私のどこがよかったのかを。

どこに異性を感じたのかを。

ずっと気になっているんだけど答えを聞くことは永遠にないでしょう。

第2話でも婚約していた女性に振られ、今回もお見合い相手に振られても正義にうだうだ言うことがない穂村さんの対応がものすごく大人なんだよな~・・・

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました