ID:INVADED第5話感想:本当の墓掘りが明らかに!えっ、女!?

●最新話の感想記事はこちらより↓↓↓●

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ID:INVADEDイド・インヴェイデッド第5話「FALLEN」の感想です。

第5話あらすじ

被害者を生き埋めにして、その様子を配信する殺人鬼の墓掘り・・・を模倣した犯人を逮捕した蔵の面々。

犯人が逮捕される瞬間、家の前には多数の野次馬がいたがそのなかに一人だけその場から立ち去った男がいた。

その場に居合わせた本堂町は男の顔に見覚えがあり、後を追うとそれが行方不明の数田さんだと分かった。

数田さんとは穴あきの残留思念から生み出されたイドのなかにいた人間の一人で捜索願が出されている。

本堂町は数田さんから不意にキスをされ、そして逃亡してしまった。

彼もまた、穴あきにより頭に穴を開けられていた人物だった。

本堂町は松岡さんの車の助手席でなぜに数田さんが現場に現れたかを推理し、もしかすると数田さんこそ本物の墓掘りではないのか・・・と仮説を立てていく。

車を運転している松岡さんに、自分が墓掘りで警察官に呼び止められたらどんな反応をするかを問いかける本堂町。

そのときの松岡さんの答えから、本堂町は数田さんは穴あきにより脳を損傷したことにより殺意と愛情表現が入れ替わっているのではないかと推理をする。

いまいちど大野の家に戻ると家の前でワクムスビによる残留思念の反応があった。

さっそくイドを形成し酒井戸が投入され、残留思念の世界を調べることに。

今回の世界は空中に一件の屋敷だけが小島のように浮いていて、回りは強風が吹いている、カエルちゃんはその屋敷の中、畳の部屋の中で心臓を刃物で刺されて血を大量に広げて息絶えていた。

しかも、この部屋は無重力でカエルちゃんを含めあらゆるものが空中に浮いていた。

カエルちゃんの下には一人の女性がいた、正確に言うと複数人の顔や声が常に変化し続けていて、具体的には複数人とは墓掘りの被害者6人のことだった。

さらに、この屋敷は数田が高校生の時に住んでいた実家の離れで、敷地内には醤油を醸造するところもあると特定。

浮いているものの中からいくつかに切り刻まれた写真を発見、その写真は数田が中3のときに撮られたものだった。

捜査官に数田の高校生の時の実家に向かわせ、蔵では写真に写った人物を調査しているあいだに酒井戸は小島の崖を降りていく・・・するとそこにはジョンウォーカーがいて男を殺していた、もみあいになるも逃げられてしまう。

数田の実家の敷地内にある醤油の醸造所にあるタルのうちの1つにはコードが伸びていて誰かがいるようだった。そのタルをこじ開けると中には醤油ではなくガソリンが入っていて、爆発してしまった。

一方で本堂町と松岡さんは一人の女性の家に向かった、その女性は数田さんの実家の離れに3度行ったことがあるも、本人はとくに数田さんに恋愛感情はないという。

数田さんは誰とも付き合ったことがないとの情報を知っている女性に対し踏み込んだ質問をしていく本堂町。

さらに、女性の答えから彼氏はいたけど本気で好きな人ではなかった、なぜなら、数田さんにずっと恋愛感情を持っていたから・・・と推測。

そして、女性が本堂町の頭の怪我をしきりに気にしている様子から、女性は人の怪我を見るのが好きだと結論づけ、真の墓掘りはこの女性であると本堂町は断定していく。

そのころ、女性の家の中には刃物を持った数田の姿もあったのだった。

第5話感想

ときどき歪んだ恋愛感情から生まれる好きな相手が他の異性のものにもなってほしくない独占欲からストーカーになったり殺人になったりする、みたいな動機の事件のニュースは聞くんですが、今回は脳の損傷により恋愛感情と殺意があべこべになった、なる一風変わった設定が飛び出してきました。

本堂町さんキスをされたからか頭を撃ち抜かれたからか、頭が突然キレッキレになったね。

どこであの女がホンボシだと分かっただろうか、額のキズを何度も気にしているシーンもそうですが、質問の答えからだと・・・友達ですらない、知り合いくらいの間柄にもかかわらず、数田が中学生の時は誰とも付き合ったことがないんじゃないかって知っているところで数田さんに興味があることが分かって、彼氏はいたけれど本気で好きじゃなかったというところで実は数田が好きだったってそのまんまでしたね。

あそこで不穏な質問をして真犯人を断定していく、やはりそれは私のような鈍感な男には決してわからない、女の勘ってやつか。

最後本堂町が女を尋問していく様子は刑事ドラマさながらのシーンでした。

いや、警察関係の作品だから容疑者を特定して追い詰めていくシーンは当たり前のように存在するわけですが。

ということはなんだ、今回のイドは・・・愛情表現と殺意が入れ替わってしまっていて拉致現場でもガソリン詰まったタルの前でも残留思念が検出されないという数田ではなく、入れ替わっていない女の残留思念がかたちづくられているってことかな、物だけが無重力状態になっていて血の海に横たわるカエルちゃんの下に隠れるように複数人の姿が常に入れ替わるように一人の女を作っている・・・真犯人は女性のわたしです、ばれないように外に出るときはつねに変装をしていますって言ってるようなもんだし。

タイトルとURLをコピーしました