SHOW BY ROCK!!ましゅまいれっしゅ!!第8話感想:契約書はよく読みましょう

2020年冬アニメ




SHOW BY ROCK!!ましゅまいれっしゅ!!第8話「ネオンテトラの空」感想

第8話感想

前回のお寒い男どものカーリング回が終わり今回はましゅまいれっしゅのストーリー。

とりあえず、みなさま、契約書はよく読みましょう。

悪徳なところだとみんな契約書なんて読まないだろうとものすごく小さい字でぴっちり書面を書いてきて、本当に誰も読まないもんだからしれっと契約者が不利になることを書いてくるところがありますからね。

で、実際に不利な状況になると「契約書をお読みにならなかったのですか」と言われてこちらが一方的に悪くなってしまい泣き寝入りをせざるを得ないハメになりますよ!

今回はほわんをめぐりましゅまいれっしゅとRAISINGSIGNALで対バンして取り合いうのがメインなストーリー。

ほわんをマネージャーにするためにRAISINGSIGNALは本気で新曲を作ってまいりました。

しかしほわんは「みんなといっしょに音楽やりたい」と緊張感もなくただひたすらに何度も繰り返すばかりで思考停止してるようにしか聞こえないのはなんでだろう・・・

そらほわんの思考停止っぷりにRAISINGSIGNALもブチ切れるわな。

とくにオーラスなんか「てめえ音楽なめてんのか」と今すぐ胸倉掴みたくなる雰囲気を醸し出してましたからね。

一見ましゅまいれっしゅの曲がエモく感じるのは全くの無名なバンドが前座のような立ち位置で登場したのが、客がコンビニで今週品の新商品を見ると物珍しさからついつい手を伸ばしてしまう日本人的な心理と共通しているものがありますかね。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました