ランウェイで笑って第1話感想:身長158cmの少女がパリを見るサクセスストーリー




ランウェイで笑って第1話「これは君の物語」の感想です。

これは今期の当たり作品っぽいな。

ヒロインの藤戸千雪はパリコレでモデルとして輝くことを夢見る少女で小さい頃からモデル事務所に所属をしていたが、小学生の時の158cmから身長が止まってしまったことが理由で事務所を解雇された挙げ句、父親が経営する「ミルネージュ」のオーディションに何度挑むも通過できずパリコレどころかモデルの道を閉ざされてしまっていた。

一方で主人公でもある千雪の同級生の都村育人は母子家庭で貧しいながらもファッションデザイナーを志している少年。

あるとき、千雪は都村育人がファッションデザイナーを志していることを知り、大手の芸能事務所のオーディションに通過したことで自信がつき、彼に自分にあった服の製作を依頼した。

彼のデザインした服を着て再びミルネージュのオーディションに参加した千雪に対し審査をずっと担当してきた雫は1%だけパリコレの可能性を見た、父親のやっているオーディションに合格したのだ。

そして、彼女がモデルとなった写真が掲載されるやいなや閲覧者からの問い合わせが殺到し大反響を呼んだ。

育人は育人で金銭面からデザイナーの夢を諦めてどこかの企業に就職しようとしていたが、千雪の父親にデザインが評価されたことで彼のつてでトップデザイナーのもとで働くこととなるのだった。

ということで、夢を持つ少年少女が生まれつきの環境が理由でまわりからよってたかって夢を否定される不遇な青春時代を過ごすも、わずかなのぞみを勝ち得て最終的にはモデル/デザイナーとして大成するまでを描く作品。

まわりからきつく否定されながらも夢を諦めない彼らの群像劇といったところ。

確かに、やっぱり身長158cmでモデルは似合わんな。

見栄えがいいモデルったら最低でも身長が165cmはないといけないからね。

身長154cmと低く、エビちゃんやローラ、あとほかの身長が170cm以上ある高身長なモデルさんと並んだ結果公開処刑された板野友美みたいになるのよ。

さあどこまで周りの世界中のモデルからバカにされ嘲笑され続けてもくじけずにモデル活動を続けられるか、その雑草魂を見せてもらいましょう。

直近に放映された同じようなサクセスストーリーだと昨年放映されたキャロル&チューズデイがありますが、あちらはアニオリということもあり製作者の思想から来る政治的なメッセージが多分に含まれていてあんまり好きではありませんでした。

こちらはマンガ原作ということで変に政治的になる心配性はないかな。

純粋にトップのモデル、デザイナーにのし上がるまでを楽しく拝見いたします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました