ランウェイで笑って第2話感想:上がって落ちて上がって落ちる、竈育人




ランウェイで笑って第2話「プロの世界」の感想です。

背が158cmと低すぎる千雪は父親のモデル事務所「ミルネージュ」に何度もオーディションを受けた結果、育人のデザインした服を着たことでようやくモデルの門を開くことができた。

育人はその服を千雪の父親から高く評価されるも、高校生だったことが理由でミルネージュに採用されることは叶わなかったが、千雪父の紹介により、最近になって独立したデザイナーの「柳田一」のもとへ弟子入りすることに。

しかし、柳田一は非常に厳しく、育人はアトリエに来てそうそう星縫いをさせられ、柳田一が求めていた縫い方と違っていたことからさっさと帰りやがれと言われてしまう。

それでも帰ろうとしない育人に厳しい言葉を投げかけていくのだった。

徹夜した翌日、東京ファッションコレクションに参加する柳田一たち。

新進気鋭のブランドが将来のトップブランドになれるかどうかをうらなうイベントなだけに、準備の段階からものすごくピリピリしている柳田一。

しかし、諸事情により本来のモデルが1人到着しないために変わりの人間として呼ばれたのはミルネージュの千雪だった。

千雪の身長の低さにブチギレた柳田一は千雪を抜いてモデルを1人減らして回そうとするも回らなく、ならば1着減らすことも視野に入れるが、イベント開催のパンフレットやプレスリリースにおいて事前に何着披露するかを公開しているためにおいそれと減らすことができない。

しかも、衣装は身長が高いモデルさん向けに作っていたために身長が低い千雪が着ると裾が床に触れてしまいあまりに不格好になってしまうことも分かった。

そのために服の手直しを指示するも、柳田一の弟子が過労により1人倒れてしまう窮地の状況へ。

もう本番までの時間もなくなっていくピンチを迎えてしまうのだった。

柳田一が言うタッパとは業界用語で身長のこと、つまりはあのミルネージュのじじい(千雪の父親)、背が低い女を埋め合わせにぶっこんでんじゃねえぞってなことですね。

なるほど、ここでさっそくモデルデビュー直後の千雪を使ってきたか。

ミルネージュ側はおそらく千雪のモデルとしての場数を踏むためにかつて一緒に仕事をしていたよしみとして千雪を起用したんでしょうが、やはり千雪の背があまりにも低いのはモデル稼業を行う上で最大の弱点になっていることがよく分かるね。

千雪にとっては大ショックだろう、ようやく与えられたプロとしての初仕事からいきなり「タッパの足りねえネタ枠」呼ばわりされるんですから。

これがプロの洗礼というものなのだ。

しょっぱなからプロのデザイナーによる一言で逆風がビュンビュン吹きながらも千雪にとっては数少ないチャンスだからこの仕事をそつなくこなさないといけない、のちのトップモデルへの道を手放すわけにはいかない、そして、育人にとっては未だに人間扱いされていないけれど、柳田一に蛇口からポタっと垂れる一滴の水くらいでもいいから自分の仕事を認めてもらいたいために自らプレッシャーの海の中に飛び込んでいく・・・

さあこの窮地をどう切り抜けていくか!?

そういえばモデルやファッションデザイナーの業界は表は華やかでも、裏側をのぞくとだいたい人間関係は常にピリピリしてて精神もゴリゴリすり減って病になる人続出、SPAでもすっぱ抜かれるほど徹夜続きになるほどの激務なんでしたっけ。

柳田一のアトリエでも若手が2名、わずか2時間の仮眠を床に突っ伏して行ってましたしね。

ブラックな業界がよりいっそうブラックな職場環境を生んでいく・・・これはもう何十年も前からなんでしょうが、とくにデザイナー業界は負の循環に陥っているようで。

そんな環境ということもあってか第1話よりもさらに厳しい山あり谷ありの展開なんですが、あっ、育人の境遇が鬼滅の刃の竈門炭治郎と一緒だ!

育人の中の人も炭治郎と一緒だし、なんど柳田一から帰れと言われても諦めない描写もあるし、実質的にこの作品は鬼滅の刃だよね。

原作はともに少年誌同士だからかぶっちゃうのはいたしかたないのかしらね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました