先輩がうざい後輩の話10話感想:もう冬だけど晩秋ということにしておこう

2021年秋アニメ



先輩がうざい後輩の話第10話「秋、あるいは日常の日々」感想


前回の感想記事

先輩がうざい後輩の話9話感想:からかい上手の桜井さん&優人と夏美の禁断の関係!?
先輩がうざい後輩の話第9話「ウキウキ夏休み」感想前回の感想記事第9話感想放映配信は冬の始まり、12月の頭だけど季節外れの水着回。パピコの間接キスで風間を意識させようとするからかい上手...

第10話感想

もうすっかり12月、暦は冬になってしまったがギリギリ晩秋ということにしておこう。

主要なメンバー全員集まってのスポーツの秋、食欲の秋、そして色恋の秋となにやらみなさん秋を満喫してるじゃありませんか。

もう桜井さん、バスケの展開で夏美の胸が風間の背中にあたると即反則をとるのはもはやいつものことだからいいけれど、武田たちの前でも躊躇することなく風間に対してビュンビュンド直球投げるようになったよね。

ここぞとばかりにお弁当を作ってずっと朝から夕方まで公園にいて同じ場所にいる時間をできるだけ長くしているはずなのに目的は優人にバスケを教えることだったもんだから「風間と二人で遊んでない」なんてずいぶんと大胆なことを言ってきたよ。

一方で双葉と武田さんの恋模様は全く進展せず、とはいえ交際するかしないかのなんとも言葉にしにくい関係性が続くほうが双葉にとっては幸福だったりするんだろうか。

でも武田さんがばったり出くわした別な女性と肉まん対決を楽しんだ話を聞くなりずっと複雑な表情をしているあたり、早く動かないと危ないのでは。

そんな双葉の表情を見た武田がいつものラーメン屋での食事を持ちかけるとかやっぱり公私ともに二人でいる時間が長いから扱いが慣れてるね。

武田と双葉は牛乳を飲み栄養を摂りよく眠っていてもかたやマッチョになりかたや中学生から成長が止まってしまっているという、これもう双葉が入社する前から彼女が摂取するはずの栄養はすべて武田のもとにいってるんじゃないのだろうか、と思えてならないね。

次回の感想記事

先輩がうざい後輩の話11話感想:年末年始、双葉たちと風間たちは思い思いに過ごす
先輩がうざい後輩の話第11話「めぐる季節」感想前回の感想記事第11話感想おみくじの大吉やら吉やら中吉の序列は実はこれ、どうやら神社によってバラバラらしいな。近所の氷川神社は「末小吉」...

コメント

タイトルとURLをコピーしました